ラジオNIKKEI賞2016【福島芝1800mコースデータ】ディープインパクト産駒が狙い目!

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、ラジオNIKKEI賞の舞台である福島芝1800mのコースデータをご紹介いたします!

※データはすべて2013年以降です。

ラジオNIKKEI賞は2枠に要注意!

始めに以下にまとめたのは福島芝1800mの枠順別成績です(2013年以降)。

160629表1

枠順によって有利・不利はないコースといえそう。1枠は単・複回収率がともに100%を超えており、穴を狙うなら1枠にこだわるのもアリですが、全体的には内外の差はほとんどありません。ただ4枠だけ数字が低迷しています。

そしてラジオNIKKEI賞の枠順別成績は以下の通りです(過去10年)。

160629表2

こちらは2枠がやや抜けて好成績。特に過去4年は【1.3.2.2】(勝率12.5%、連対率50.0%、複勝率75.0%、単回収率35%、複回収率250%)と抜群の成績を収めています。今年も2枠に入った馬には要注意といえそうです。

福島芝1800mを得意としている騎手は?

次に福島芝1800mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が10回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160629表3

1位は意外にも勝浦正樹騎手。同コースでは複勝率39.4%をマークしており、相性の良さがうかがえます。特に単勝20倍以下の馬に騎乗した時は、【4.8.1.13】(勝率15.4%、連対率46.2%、複勝率50.0%、単回収率103%、複回収率108%)と好成績。同コースで勝浦騎手が上位人気に推されていたら素直に信用したほうが良さそうです。

2位は横山典弘騎手。複勝率は勝浦騎手に次ぐ37.0%をマーク。同騎手は500万下以上のクラスに限ると【3.2.3.5】(勝率23.1%、連対率38.5%、複勝率61.5%、単回収率292%、複回収率150%)と抜群の成績を残しています。重賞でも13年ラジオNIKKEI賞8番人気1着ケイアイチョウサン、16年福島牝馬ステークス1番人気2着シャルールと結果を残しており、横山典弘騎手が福島の重賞に乗りに来る時は要注意といえそうです。

そのほかでは松岡正海騎手も優秀。同騎手は単勝30倍以下に限れば、【5.4.1.10】(勝率25.0%、連対率45.0%、複勝率50.0%、単回収率316%、複回収率126%)と好成績を収めています。特に14年以降、同条件だと【4.3.0.2】(勝率44.4%、連対率77.8%、複勝率77.8%、単回収率426%、複回収率186%)と同コースを完全に手の内に入れている感があります。

福島芝1800mを得意としている種牡馬は?

最後に福島芝1800mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160629表4

1位は意外かもしれませんが、ディープインパクト産駒。同産駒にはローカルのイメージがない方も多いかもしれませんが、福島芝1800mでは上記の通り抜群の成績。特に外枠に入った時の成績が良く、6~8枠に限ると【9.3.6.13】(勝率29.0%、連対率38.7%、複勝率58.1%、単回収率360%、複回収率194%)。「福島芝1800mのディープインパクト産駒の外枠」は覚えておいたほうが良さそうです。

2位フジキセキ、3位タイキシャトル産駒ももちろん優秀ですが、出走回数が多くて好成績を収めているのはゼンノロブロイ産駒。同産駒も単・複回収率は100%を超えており、ベタ買いしていい状況。重賞でも15年福島牝馬ステークス9番人気2着リラヴァティ、16年福島牝馬ステークス1番人気2着シャルールと好走馬を輩出しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!