【七夕賞2016】今週も立ち回りがカギを握る!?

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に福島競馬場で行われる七夕賞の予想考察をしていきます。

今年の出走馬は、アルバートドック、クリールカイザー、ダコール、バーディーイーグル、ルミナスウォリアーなど16頭。昨年は2→8→16番人気で決まり、3連単100万馬券が飛び出したレース。今年も混戦模様で波乱のムードが漂いますね。今回は、過去の七夕賞好走馬のコース取りを振り返ってみたいと思います。

今週も立ち回りがカギを握る!?

先週のラジオNIKKEI賞の時も「立ち回りが明暗を分ける」と書きましたが、今週の七夕賞も同様の傾向があります。これは言葉で説明するよりも、画像を見て頂いたほうが分かりやすいので、直近3年の4コーナーの画像を見ていきましょう(以下参照)。

15年4コーナー

上記の画像は15年七夕賞の4コーナーの写真。

勝ち馬のグランデッツァは6枠12番からのスタートでしたが、道中のロスを最小限に抑え、4コーナーでは内から2、3頭分の外。ロスが全くなかったわけではありませんが、立ち回りの良さをうまく生かした走りでした。

2着ステラウインドは外から追い込んできたのですが、注目は16頭立ての16番人気で3着に好走したマデイラ。同馬は4枠7番からのスタートでしたが、最初のホームストレッチで内に徐々に切り込み、1コーナーで好位のインのポジションを確保。その後、終始ロスなく立ち回り、直線は内からスルスルと抜けてきました。

14年4コーナー

続いて上の画像は14年七夕賞の4コーナーの写真。

勝ち馬メイショウナルトはスタートからハナを奪い、そのまま逃げ切り勝ち。逃げたので当然ですが、ラチ沿いピッタリを回ってきました。

2着ニューダイナスティは2枠4番からスタートして終始ロスなの立ち回り。馬群がやや縦長になったため、4コーナー~直線でも内からポジションを押し上げやすい状況でした。

3着マイネルラクリマは内ピッタリを回ってきたわけではありませんが、前々で流れに乗り、終始ロスのない立ち回りでした。

13年4コーナー

最後に上の画像が13年七夕賞の4コーナーの写真です。

勝ち馬マイネルラクリマは2枠4番から前々で立ち回り、4コーナーで早くも先頭へ。
内枠から先行して早めに先頭に立ったので、当然ロスのない立ち回りでした。

2着トレイルブレイザーも似たような走り。5枠10番から前を射程圏に入れて4コーナーからマイネルラクリマと一緒にスパート。4コーナーでは内から2頭分のポジションでした。

そして3着タガノエルシコは1枠2番の枠を生かして終始ロスのない立ち回り。4コーナーでは前が空くか分かりませんでしたが、直線入口で内にスペースができると、そこからじわじわと伸びてきました。

直近の3年を振り返ると、3着以内馬9頭のうち5頭はラチ沿いからの抜け出し(もしくは逃げ切り)。枠順はもちろんこと内にこだわれそうな馬、騎手には要注意といえるでしょう。

七夕賞2016で立ち回りを生かせそうなのは?

最後に今年の七夕賞で立ち回りを生かせそうな馬を見ていきましょう。確定した枠順を踏まえると面白そうなのは、1番ゲート~3番ゲートに入ったマイネルラクリマ、クリールカイザー、メイショウナルトでしょうか。3頭ともピークをやや過ぎた印象はありますが、立ち回りセンスに関してはメンバー中上位。内枠を生かしやすいタイプなので、意外と侮れないかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!