【プロキオンステークス2016】枠順競馬になりやすいレース

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中京競馬場で行われるプロキオンステークスの予想考察をしていきます。

今年の出走馬は、ノボバカラ、キングズガード、ブライトライン、タガノトネール、ニシケンモノノフ、カフジテイクなど15頭。今回は、過去4年のプロキオンステークスの結果を振り返ってみたいと思います。

過去3年の連対馬6頭はすべて1~3枠!

プロキオンステークスが現在の中京ダート1400mに変更されたのは12年。以下の表では12年以降の過去4年の結果を載せてみました。

160710表1

一目見て分かると思いますが、圧倒的に内枠有利

過去3年の連対馬6頭はすべて1~3枠で、3着以内馬9頭のうち8頭は1~3枠。過去3年に関していえば、1~3枠の内枠BOXを買えば、馬連は当たったレースなんですね(苦笑)。

確かにデータはあくまでもデータです。よって今年も内枠同士で決まる保証はありません。ただし、レース性質やコース形態上、内枠のほうがレース運びがしやすいのは事実といえます。

プロキオンステークスの舞台は中京ダート1400m。毎年、短距離路線から参戦してくる馬がいるため、序盤からハイペースになりがち。そのため、馬群はバラけやすく、内でじっとしていても馬群の中で揉まれるリスクがほかのレースと比べて少ないのです。

実際、13年5番人気2着セイクリムズン(1枠1番)、14年10番人気3着ガンジス81枠1番)、15年8番人気3着キョウワダッフィー、(1枠1番)は直線でインから追い込んできました。

内枠に入り、内でじっと脚を溜められる馬がプロキオンステークスの穴パターンといえます。

プロキオンステークス2016で枠順の恩恵を受けるのは?

今年のプロキオンステークスで1~3枠に入ったのは以下の5頭です。

1枠1番ワンダーコロアール
2枠2番カフジテイク
2枠3番グレープブランデー
3枠4番ブライトライン
3枠5番クラリティスカイ

上記5頭の中で内でじっと脚を溜められそうな馬を1頭挙げるとすれば、

ブライトライン

でしょう。追われていい面があるタイプなので、内でじっと我慢していれば、直線でいかにも伸びてきそう。鞍上の石橋脩騎手も内枠をさばくのが上手いタイプなので、このレースに合っているかもしれません。先週のエイシンブルズアイでは人気を裏切りましたが、今週の方がチャンスはあるように思えます。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!