【中京記念2016】展開+高速馬場で前残りに要注意!?

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中京競馬場で行われる中京記念の予想考察をしていきます。

今年の出走馬は、ダッシングブレイズ、トウショウドラフタ、ダノンリバティ、タガノエスプレッソ、ピークトラムなど16頭。今回は今年の中京記念の展開から狙える馬を考えていきましょう。

今年は2013年のような前残りがある!?

まず初めに過去4回の中京記念の前後半800mのラップを見ていきましょう。

15年:46.4-47.0
14年:47.7-49.4
13年:47.2-46.3
12年:47.0-48.1

基本的には前半のほうが速くなりがち。過去4回のうち3回は前半800mのほうが速い時計が出ています。前半より後半のほうが速かった(つまりスローペース)のは13年のみ。その時は…

1着フラガラッハ(4コーナー10番手)
2着ミッキードリーム(同2番手)
3着リルダヴァル(同3番手)
4着ドナウブルー(同2番手)
5着ワイズリー(同2番手)

と勝ち馬のフラガラッハこそ外から追い込んできましたが、2~5着は前々で粘り込んだ馬でした。

今年の中京記念が例年のように前傾ラップになるのか、13年のように後傾ラップになるのかを考えた時、今年は13年のようなラップになる可能性が高いのではないでしょうか。

まず出走馬を見渡すと逃げ馬が不在。当初、逃げ馬のウインガニオンが登録していましたが、除外されたため、前走で逃げたのはタガノエスプレッソのみ。そのタガノエスプレッソは前走で逃げたのが初めて。当時の鞍上はM・デムーロ騎手で「ほかが行かないなら自分が行くよ」といった感じの逃げで、前後半の800mが48.0-45.6という超スローペースでした。

今回、再びタガノエスプレッソが逃げるとすれば、似たようなラップを刻むはず。そうすれば、13年以上にゆったりしたペースで入る可能性もあるでしょう。加えて現在の中京は高速馬場。ペースが遅ければ遅いほど、後ろから差すのは物理的に困難になるかもしれません。

中京記念で前残りで狙いたい馬は?

中京記念で上位人気に推されそうなダッシングブレイズ、トウショウドラフタ、ダノンリバティなどはいずれも差し馬。伏兵の台頭があるとすれば、やはり前々で粘り込むタイプでしょう。そこで注目したいのは、

カオスモス
スマートオリオン
マイネルアウラート

の3頭。3頭とも好位からしぶとい脚を使えるタイプで、展開と馬場のアシストがあれば、あれよあれよと粘り込む可能性はありそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!