【アイビスサマーダッシュ2016】外枠が有利にならない時

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に新潟競馬場で行われるアイビスサマーダッシュの予想考察をしていきます。

今年の出走馬は、ベルカント、ネロ、プリンセスムーン、アースソニック、アットウィルなど13頭。2回新潟開催の開幕週を飾る国内で唯一行われる千直重賞。今回は外枠が有利にならない時を考えてみましょう。

差し、追い込み馬は外枠有利にならない?

アイビスサマーダッシュが行われる新潟1000mは「アイビスサマーダッシュ【新潟芝1000mコースデータ】戸崎騎手とヨハネスブルク産駒に注目!」でも分析したように外枠有利のコース。アイビスサマーダッシュ自体を振り返っても、過去10年で7、8枠が馬券にならなかったのは一度だけで、過去4年はすべて7、8枠の馬が2着以内に好走しています。

ここでデータ派の人は「外枠の馬だけ買えばいい」と思いがちですが、実際は外枠が有利にならない馬もいます。それは差し、追い込み馬です。

「新潟千直=外枠有利」はファンだけでなく、騎手も知っている事実。そのため、各騎手にはどの枠に入ってもなるべく外のラチ沿いを走りたい意識があります。特に内~中枠に入ったスタートダッシュ力のある馬は外ラチに移動しやすいので、外枠で行き脚がつかない馬は馬群の後ろに入りがち。結果的に外枠で行き脚がつかない差し、追い込み馬は前が詰まったり、追い出しが遅れるリスクが大きくなります。

昨年のアイビスサマーダッシュのレース映像を見ても、7枠12番アースソニック、8枠14番セイコーライコウは勝負どころで前が壁になり、追い出しが少し遅れた感じ。新潟千直は外枠有利とはいえ、差し、追い込み馬にとっては必ずしもプラスとはいえないのです。

今年の出走馬でいうと、7枠10番ブライトチェリー、8枠12番アースソニックは不利を受ける可能性が少しありそう。2頭とも中位人気くらいに留まりそうですが、過度に期待すると痛い目に合いそうです。

一方、好枠を引いたのは8枠13番のネロでしょう。週半ばのデータ記事でご紹介した通り、ヨハネスブルグ産駒は新潟1000mに滅法強く、自身もコース相性が抜群。スタート力のある馬で外ラチぴったりを走れるのはほぼ間違いなく、馬券には絡んでくるのではないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!