関屋記念【新潟芝1600mコースデータ】田辺騎手に要注意!

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、関屋記念の舞台である新潟芝1600mのコースデータをご紹介いたします!

※データはすべて2013年以降です。

6枠だけが突出して優秀!関屋記念は7、8枠有利

始めに以下にまとめたのは新潟芝1600mの枠順別成績です(2013年以降)。

160810表1

一目見て分かる通り、6枠の成績が突出して優秀。特に複勝率、単・複回収率で抜群の成績を残しており、「新潟芝1600m=6枠有利」といって良さそうです。単・複回収率は14年寺泊特別のメイショウヒデタダ(単勝29,430円、複勝5.720円)の一撃が大きく影響しているのですが、同馬を除いても単回収率95%、複回収率116%なので、優秀な成績といっていいでしょう。

ただし、関屋記念は以下の通り、7、8枠が優秀です(以下参照)。

160810表2

3着以内馬30頭のうち15頭は7、8枠から誕生しています。内枠は単・複回収率を見ても極端に不振で、関屋記念は7、8枠に入った馬から買ったほうがよさそうです。

新潟芝1600mを得意としている騎手は?

次に新潟芝1600mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160810表3

1位は北村宏司騎手。複勝率39.3%をマークし、単・複回収率はほぼ100%。昔から新潟は得意なイメージがありますが、特に同コースとの相性がいいみたいです。残念ながら現在は長期離脱中ですが、復帰後のために覚えておいて損はないでしょう。

ただ最も買えるジョッキーという観点なら2位の田辺裕信騎手。複勝率の高さはもちろん、勝率が24.0%とズバ抜けています。単・複回収率も余裕で100%を超えており、新潟芝1600mは庭にしています。特に大舞台に強く、重賞は【3.0.1.1】(勝率60.0%、連対率60.0%、複勝率80.0%、単回収率382%、複回収率218%)。昨年の新潟2歳ステークスのみならず、14年関屋記念、同年京成杯オータムハンデ(新潟開催)も制しています。

新潟芝1600mを得意としている種牡馬は?

最後に新潟芝1600mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160810表4

1位はディープインパクト。ただ単・複回収率は伸び悩んでおり、積極的に買える数字ではありません。あくまでも相対的に買えるくらいに思っておいたほうがいいでしょう。

そのほかを見てもハーツクライ、ダイワメジャー、ステイゴールド、キングカメハメハなど主要な種牡馬はいまひとつ。同コースに関しては種牡馬で優劣をつけることはしないほうが良さそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!