札幌記念【札幌芝2000mコースデータ】ディープインパクト産駒に注目!

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、札幌記念の舞台である札幌芝2000mのコースデータをご紹介いたします!

※データはすべて2013年以降です。

7、8枠は大幅な割引が必要

始めに以下にまとめたのは札幌芝2000mの枠順別成績です(2013年以降)。

160817表1

最大の特徴は7、8枠が苦戦していること。1~6枠はほとんど複勝率20%以上をマークしているのに対し(5枠のみ複勝率15.1%)、7、8枠は複勝率15%台。単・複回収率も非常に伸び悩んでおり、「札幌芝2000m=7、8枠不利」と覚えておいていいでしょう。

そして札幌記念の枠順別成績にも同様の傾向が出ており、7、8枠は明らかに苦戦しています(以下参照)。

160817表2
※04年以降の札幌開催のみで集計。

3着以内馬30頭のうち28頭は1~6枠。7、8枠は【1.0.1.38】(勝率2.5%、連対率2.5%、複勝率5.0%、単回収率7%、複回収率7%)と悲惨な成績に終わっています。ちなみに7、8枠で馬券に絡んだ2頭は04年3番人気3着ローエングリン、11年1番人気1着トーセンジョーダン。2頭は4コーナー2番手以内で先行タイプでした。

札幌芝2000mを得意としている騎手は?

次に札幌芝2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が10回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160817表4

1位はルメール騎手。複勝率は断トツの63.6%。複回収率は110%をマークしており、同コースを得意といていることがわかります。そもそもルメール騎手はコーナー4回の芝2000m戦に強いので、札幌芝2000mで好成績を残しているのも頷けます。

2位は福永佑一騎手。複勝率は53.6%で、複回収率は106%をマーク。騎乗回数が28回と多いことを考えると信頼できる数字といって良さそうです。特に単勝4.9倍以下は【3.6.1.2】(勝率25.0%、連対率75.0%、複勝率83.3%、単回収率71%、複回収率126%)と抜群の安定感を誇っています。

そのほかでは四位洋文騎手、松岡正海騎手も得意としているコースといえるでしょう。

札幌芝2000mを得意としている種牡馬は?

最後に札幌芝2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が10回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160817表3

1位はダンスインザダークですが、出走回数が10回と少なく、信頼度は微妙。現役の産駒数も徐々に減少傾向なので、それほど使える機会はないでしょう。

使える機会が多く、狙い目なのは2位のディープインパクト。同産駒は札幌芝で全体的に好成績を収めていますが、札幌芝2000mも上記の通り優秀な成績。複勝率39.6%で、単・複回収率はともに100%を超えています。過去2年の札幌記念勝ち馬はハープスター、ディサイファとともにディープインパクト産駒でした。今年も同産駒には要注意かもしれません。

そのほかではステイゴールド、ハーツクライもまずまずな成績を収めています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!