【新潟2歳ステークス&キーンランドカップ2016】穴馬の考察

2016flancel

こんばんは、フランケルJr.です。

まだまだ暑い日が続きますが、台風の上陸も始まりました。

週初めに関東に上陸し、また来週明けにも来そうです。

お気を付けください。
では、新潟2歳Sとキーンランドカップの穴馬を考察したいと思います。

キーンランドC

こちらはオッズ見て瞬時に確定でした。

アクティブミノルです。

・函館2歳S、セントウルSの重賞2勝馬
・今春高松宮記念4着の最上位実績
・前走函館SSを叩いての2戦目
・全3勝を7-9月に挙げている夏馬

G3なら「重賞2勝」「高松宮記念4着」の実績だけで、
3番人気以内に支持されるべき馬ですが、
前日オッズで11番人気21.9倍という人気のなさです。

原因を考えましたが、

・58kgが嫌われている

これくらいしかないんですよね。

直接は関係ないかもしれませんが、3走前4走前が武豊で大敗。
これでダメな馬の烙印を押されているのかもしれませんね。

展開を考えると前でやり合う流れが想定され、
その中での競馬になるので、確かに潰される可能性は高いです。

しかしながら、叩いた2走目での上昇度があれば、
G1で4着、G2の勝ち馬という実績からねじ伏せることも可能です。

ハッキリ言って、消す理由がない馬が単勝20倍なら賭けるに値します。

キーンランドC、前日オッズを見て2秒で穴馬確定です。

 

新潟2歳ステークス

一方の新潟2歳ステークス。
こちらは混戦ですね。

オッズ的な妙味のある馬も乏しく、なかなか絞れないのがホントのところです。

単勝6倍以上が私の中での単勝を買う基準ですが、
それを考えると2番のモーヴサファイアは単勝勝負ですね。

しかしながら、穴馬で考えるとどうでしょうか。

人気サイドが比較的に先行したいタイプです。
となると差し馬の出番だといいたいところですが、

先行勢が前でやり合うとは思えず、全体的にブレーキをかけながらの
競馬になるのではないでしょうか。

となると、スムーズに競馬ができる馬、というのが狙いどころとなります。
当然ですが、騎手の力量も非常に問われます。

ポジションと騎手を考えるとヴゼットジョリー福永は、
馬群の中団から前を捉える競馬をしてきますし、
仕掛けのタイミングも優れたものを持っています。

ヴゼットジョリーは悲しいかな人気サイド、穴馬とは言えません。

次点でどこかなと考えると、、、

クイントゥーブル

に落ち着いてしまいます。

津村が馬券になる時はスムーズに4コーナーで先頭に並びかける競馬です。
新馬戦を見る限りではこちらも先行集団をマークする馬群において、
外枠から外追走と見ます。

前日で単勝100倍以上ついていますが、
そこまでダメな要素は見当たらず、むしろ追切などはしっかり動けています。

スピードの絶対値の問題もあるかもしれませんが、
新馬戦の内容、追切での動けている点など買い要素も少なからずあります。

単勝100倍以上、複勝でも20倍以上。
狙う価値はあるのではないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。