【セントライト記念2016データ】今年も日本ダービー組が有力か

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中山競馬場で行われるセントライト記念のデータをご紹介いたします。

今年のセントライト記念の出走予定馬は、ディーマジェスティ、マウントロブソン、メートルダール、プロディガルサンなど。いつも通り過去10年のデータを基に分析していきます(新潟開催で行われた14年を含む)。

勝ち馬はキャリア5~7戦から

始めにセントライト記念のキャリア別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160912表1

勝ち馬10頭のうち7頭はキャリア5~7戦。同キャリアの好走率が高いわけではありませんが、勝ち馬は同キャリアに集中しています。

キャリア8戦以上になると【2.6.5.74】(勝率2.3%、連対率9.2%、複勝率14.9%、単回収率99%、複回収率75%)。勝率は2.3%に留まっているので、基本的に2、3着止まりと見ていいでしょう。

日本ダービー組はベタ買いでもプラス!

次にセントライト記念の前走レース別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160912表2

相性が抜群なのは日本ダービー組。特に近年、同組の活躍が目覚ましく、2011年以降は【4.3.2.9】(勝率22.2%、連対率38.9%、複勝率50.0%、単回収率209%、複回収率153%)と2頭に1頭は馬券になっている計算です。昨年は1着キタサンブラック(日本ダービー14着)、2着ミュゼエイリアン(同10着)と日本ダービー組のワンツーで、馬連133倍の高配当が飛び出しました。日本ダービー組は着順に関係なく好走するので、「日本ダービー組」というだけで狙う価値はありそうです。

次いで好走馬が多いのはラジオNIKKEI賞組ですが、全体的な成績はいまひとつ。馬券に絡んだのは、07年1番人気1着ロックドゥカンブ、08年5番人気3着ノットアローン、10年4番人気1着クォークスター、同年2番人気3着アロマカフェの4頭で、すべて5番人気以内に支持されていました。

下級条件からは500万下組が【2.0.3.39】(勝率4.5%、連対率4.5%、複勝率11.4%、単回収率168%、複回収率79%)、1000万下組が【1.4.1.38】(勝率2.3%、連対率11.4%、複勝率13.6%、単回収率42%、複回収率68%)。好走馬はいるものの、積極的に狙える数字ではありません。

セントライト記念2016のデータ推奨馬は?

それではセントライト記念2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。今年の出走予定馬で日本ダービー組は、

ディーマジェスティ(日本ダービー3着)
プロディガルサン(同10着)
プロフェット(同17着)
マウントロブソン(同7着)

の4頭。ディーマジェスティ、マウントロブソン、プロディガルサンは上位人気に推されそうですが、この中から2頭くらいは馬券に絡む馬が出てきても不思議ではありませんね。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!