【オールカマー&神戸新聞杯】穴馬の考察

2016flancel

こんにちは。フランケルJr.です。

今週はオールカマーと神戸新聞杯。

どちらも2強対決の様相です。

2強に割って入るであろう、穴馬を考察したいと思います。

オールカマー

ゴールドアクターが先行、マリアライトは中団からの競馬。
展開的には隙が無く、コース形態からも勝つのはどちからでしょう。
単勝狙いで行くとすれば、インでじっと脚を溜めれる
サトノノブレスが辛うじて、というところで、

その他の馬には厳しいでしょう。
2着に来れるかもしれない、というところを考察します。

まずは近年のオールカマーで印象にある、

2013年、2014年連覇のヴェルデグリーン

中山巧者、特に2200巧者です。

シンプルに中山実績を振り返り、コース巧者を狙うべきレースです。

、、、ゴールドアクターとマリアライトはいずれも適性高く、

ますます逆らえません。

この状況を見ると、春の中山2200m戦、AJCCで3着に来た
ショウナンバッハに注目です。

鞍上は戸崎、こちらもノリに乗っているので強力です。

2着に割って入る可能性の筆頭にショウナンバッハを挙げておきます。

前日オッズでは単勝7番人気ですね。
次点にこちらも春の中山2200m(湾岸S1600万下)で、

好レースを演じたツクバアズマオーを置いておきます。
馬券はゴールドアクターとマリアライトで崩れる可能性を考えると、

休み明けはスイッチの入らないマリアライトに付け入るスキがあると見て、

馬連

ゴールドアクターから

ショウナンバッハ、ツクバアズマオーへ2点流します。

神戸新聞杯

サトノダイヤモンド、エアスピネルの皐月賞・ダービーともに入着の
2頭が中心です。

どちらもレベル的に抜けている存在ですので、3着以内は確定と見て、

あと1頭をどうするか?の視点で考えます。

展開はエアスピネルが自在な脚質ですし、

サトノダイヤモンドは早めに動き出す捲り競馬。

逃げ、先行馬には展開的なチャンスは乏しく、追込み一手に賭ける形を取ります。
カフジプリンス

札幌の阿寒湖特別は強いレースでした。

岩田もここにきて復調気配。

今年の3歳戦は消耗戦になる傾向が強く、2600mで培われたスタミナが

ここで生きてくるのではないでしょうか。

上で追込み一手と記載しましたが、単純に追い込むだけでは届かないと判断し、

サトノダイヤモンドと一緒に上がっていって、最後までくらいついていける馬、

こちらを優先させます。

カフジプリンスは前日オッズで単勝5番人気。

穴馬というには人気サイドですが、能力差が大きく仕方ないでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!