【毎日王冠 2016】穴馬の考察|京都大賞典も含めたレースの捉え方

2016flancel

秋の古馬G1前哨戦、毎日王冠の

穴馬を考察したいと思います。

こんばんは、フランケルJr.です。

さて、東西のスーパーG2と言ってもいいでしょう、

毎日王冠と京都大賞典です。

数々の名馬が通って来た道を、今年はどの馬が、

どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

どちらのレースにも共通して言えることですが、

G1前哨戦です。

賞金も十分にありG1で勝ち負けできる馬

⇒叩き台

賞金が際どいレベルでG1に出走させたい馬

⇒メイチ仕上げ
シンプルに考えるとこの形での戦いとなり、

G1実績馬の80%vsG1に挑戦したい格下馬の100%

という戦いになります。

順当に決まる年もあれば、波乱になる年もあるのは

この辺りが大きく影響しています。

狙いたいところは、

G1で通用する能力があるのだけど、賞金が足りない馬

でしょうか。
あるいは、

該当コースのスペシャリスト

(舞台の替るG1では通用しない)

この辺も狙いたいところですね。

まずは明日日曜日開催の毎日王冠の穴馬候補ですが、

枠を見たところ複穴で考えるならクラレントでしょうか。

休み明けからでも走れますし、

内枠・小牧はデータは取っていませんが、印象として

穴を持ってくるイメージです。
能力的には勝てるとは思えないので、

あくまで複勝狙いならば、買えなくはないですね。

前日オッズ単勝10番人気、複勝下限6.2倍。

配当も悪くはないので勝負に行くのもアリだと思いました。

 

しかしながら狙いたいのは単勝。

人気を逆転して勝利するには?を考えた際に、

仕上がり十分、賞金加算必須、東京1800m実績、

展開利、枠、騎手、諸々考えないといけません。

実は、毎日王冠、軸に据えたい馬が見つかりませんでした。

実績馬の中で、軸にしたい馬が見つかりませんでした。
ルージュバック、9月後半の帰厩後じんましん発症。

これでは軸にはできません。
ステファノス、藤原厩舎は徹底した「叩いてG1へ」という厩舎。

叩き台明らかで仕上がりあと一歩。

といってもかなりいい仕上がりに見えました…。
アンビシャスも賞金に余裕がある上、

東京2000mでの勝ち鞍はあるものの、

得意コースは中山・阪神・福島でしょう。
ウインフルブルームはこのメンバー相手だとさすがに?

 

ディサイファは休み明けイマイチで年齢から上積みなし。

 

ロゴタイプの安田記念はうまくハマったもので、

マークされる立場ならあの競馬はできません。
決め手に欠ける重賞予想となりました。
であれば、一発に期待して単複予想と行きましょう。
◎マイネルミラノ

夏の間も休みなく使われてきました。

6月エプソムカップはルージュバックの3着。

東京1800mで走れることを証明しました。

函館記念はG3で重賞勝利ももう一つ賞金を加算したいですね。

迎えた新潟記念は惨敗。

この辺の流れはステイゴールド産駒らしい「アテにならない」

競馬をしてきています。

であれば、毎日王冠。

上位陣はいずれも不安要素が明確にあります。

明日も多少雨が降る見込みです。

展開はウインフルブルームの番手から。

直線交わして先頭へ。

あとはどれだけ粘れるか。

仕上がり十分。

チャンスはあると見ます。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。