【秋華賞2016データ】ローズステークス組の取捨は?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に京都競馬場で行われる秋華賞のデータをご紹介いたします。

今年の秋華賞の出走予定馬は、ジュエラー、ビッシュ、ヴィブロス、ミエノサクシード、クロコスミア、カイザーバルなど(シンハライトは回避予定)。いつも通り過去10年のデータを基に分析していきます。

意外と堅い!?勝ち馬の大半は単勝6.9倍以下

始めに秋華賞の単勝オッズ別成績を見ていきましょう(過去10年)。

161010表1

秋華賞といえば、オールドファンにとっては「波乱含みな一戦」という印象が強いでしょう。古くはブゼンキャンドル、ティコティコタック、最近でいえばブラックエンブレムなど、二ケタ人気馬が勝利をつかんできました。

しかし、秋華賞が創設された96年以降、勝ち馬20頭のうち16頭は3番人気以内。人気薄が勝った時のインパクトは記憶に強く残りますが、実は人気馬が結果を残しやすいレースといえます。

上記の過去10年の単勝オッズ別成績を見ても、勝ち馬10頭のうち8頭は単勝6.9倍以下。あっと驚く馬が勝利することはほとんどありません。

ちなみに単勝50倍以上は【0.0.2.71】(勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率2.5%、単回収率0%、複回収率107%)。馬券に絡んだのが08年16番人気3着プロヴィナージュ(複勝6210円)、13年15番人気3着リラコサージュ(複勝2260円)なので強烈ですが、複勝率はわずか2.5%。とても積極的に狙える数字ではないでしょう。

ローズステークス組はターントゥ系とミスプロ系に絞りたい

次に秋華賞の前走レース別成績を見ていきましょう(過去10年)。

161010表2

最多の3着以内馬を出しているのはローズステークス組。3着以内馬30頭のうち19頭が同組で、秋華賞はローズステークス組抜きに語れません。ローズステークスの着順や人気は直結しないのですが、とりわけ相性がいいのはターントゥ系やミスプロ系。ローズステークス組で両系統の馬は【7.8.3.41】(勝率11.9%、連対率25.4%、複勝率30.5%、単回収率80%、複回収率124%)と好成績を収めています。一方、ナスルーラ系やノーザンダンサー系などほかの系統の馬は【0.0.1.20】(勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率4.8%、単回収率0%、複回収率5%)と散々な成績に終わっています。秋華賞におけるローズステークス組は血統を見れば、買うべき馬が見えてきそうです。

もう一方のトライアル・紫苑ステークス組は【1.0.0.38】(勝率2.6%、連対率2.6%、複勝率2.6%、単回収率25%、複回収率5%)。馬券に絡んだのは、14年3番人気1着ショウナンパンドラのみです。ただ出走馬のほとんどは二ケタ人気の馬たちで、秋華賞で単勝20倍以下に推されていたのが前述のショウナンパンドラのみ。「紫苑ステークス=消し」と決めつけるのは良くないかもしれません。

そのほかでは条件戦から参戦して好走する馬もチラホラ。特に過去5年では12年6番人気3着アロマティコ(ムーンライトハンデ3着)、13年2番人気2着スマートレイアー(夕月特別1着)、15年8番人気3着マキシマムドパリ(甲武特別1着)と条件戦経由で好走する馬がよく出ています。

秋華賞2016のデータ推奨馬は?

それでは秋華賞2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。主力のローズステークス組で血統的に狙えるのは、

クロコスミア(父ステイゴールド)
カイザーバル(父エンパイアメーカー)
フロムマイハート(父ハーツクライ)
レッドアヴァンセ(父ディープインパクト)
ジュエラー(父ヴィクトワールピサ)

です。ちょっと多いのですが、この5頭の中から好走馬が何頭か出てくるんじゃないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!