【ジャパンカップ 2016】血統的側面から見るレース検証・分析

2016yu

こんばんは、火下遊でございます。

 

本日はジャパンカップ2016の血統的視点から見た

予想見解を行います。

 

 

今週が今年最後の、東京・京都での競馬となります。

 

今年も難解なレースが多かったですが、

今年最後の東京G1はしっかりと当てたいですね。

 

 

ジャパンカップは年々、外国馬のレベルが下がっており

日本馬のための高額賞金レースとなりつつあります。

 

 

さかのぼっても最後に外国馬が絡んだのが、

2006年のウィジャボード3着

 

この時は凱旋門賞で失格になったディープインパクトの

雪辱戦となって圧勝したレースですが、

もう10年も前になるんですね・・・

 

それ以来すべて日本馬決着となっており、

外国馬のレベルを考えても今年も日本馬独占の

可能性が高いです。

 

 

ただ日本馬も東京2400mの舞台がベストの馬が

少なくどの馬から入るのか難しいですね。

 

 

さらに雨の可能性もあり、さらに難易度が上がりそうです。

 

 

ジャパンカップ2016血統的側面から見るレース検証・分析

 

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!