ターコイズステークス【中山芝1600mコースデータ】

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、ターコイズステークスの舞台である中山芝1600mのコースデータをご紹介いたします!

「中山芝1600m=内枠有利」はもはや死語!?

始めに以下にまとめたのは中山芝1600mの枠順別成績です(14年以降)。

161215表1

中山芝1600mといえば、コース形態上、内枠有利と言われていますが、上記の成績を見ても分かる通り、1枠の成績はいまひとつ。勝率は枠順別で最も悪く、連対率、複勝率は7枠に次いで低い数字です。ひと昔前であれば、1枠は確かに好成績を収めていました。しかし、近年はエアレーションの影響で外差し決着が増えたため、1枠の成績は悪くなりました。

ただ外差しが増えたといっても、外が有利になっているわけではなく、枠順の有利・不利がないコースに変わったというのが正しい認識といえそう。一応、枠順別で最も好成績を収めているのは4枠。内過ぎず外過ぎず、レース運びがしやすいのが理由でしょう。

ちなみに過去10年のターコイズステークスの枠順別成績は以下の通りです。

161215表2

中山芝1600mの傾向通り、同レースも枠順の有利・不利はない感じ。ただし、中枠(4、5枠)がやや好成績を収めています。

中山芝1600mを得意としている騎手は?

次に中山芝1600mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

161215表3

1位はダントツの複勝率47.8%でルメール騎手。騎乗回数がやや少ないので、信頼度はいまひとつですが、ほぼ2回に1回は3着以内に好走している計算。同コースでルメール騎手が騎乗する馬は安易に軽視しないほうがいいかもしれません。

2位は複勝率41.1%で戸崎騎手。特に単勝3.9倍以下の人気に限ると、【11.5.5.5】(勝率42.3%、連対率61.5%、複勝率80.8%、単回収率100%、複回収率109%)。人気馬に騎乗した時は抜群の安定感を誇っています。

以下、田辺騎手、横山典弘騎手、石川裕紀人騎手は同コースを得意としている騎手といっていいでしょう。

中山芝1600mを得意としている種牡馬は?

最後に中山芝1600mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

161215表4

1位は複勝率35.1%でハービンジャーですが、単回収率10%、複回収率76%と回収率の面でいまひとつ。同産駒は全般的にエンジンのかかりが遅く、不器用な面があるので、本質的にも同コースが得意とはいえなさそうです。

むしろ積極的に買いたいのは2位のディープインパクト。出走回数が多く、人気が中心ながら単回収率82%、複回収率96%をマーク。特に関東馬は【15.10.12.69】(勝率14.2%、連対率23.6%、複勝率34.9%、単回収率98%、複回収率102%)と好成績を収めています。

そのほかでは複回収率ベースだと、メイショウサムソン、デュランダル、キングカメハメハ、スペシャルウィークも相性のいい種牡馬といえそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!