バレンタインステークス予想|東京ダートの馬場を徹底解説します

baba-540x315

こんにちは。オキショーです。

今回は明日の東京10レースバレンタインステークスの予想と

今の東京ダートの馬場を徹底解説します。

 

日曜日は共同通信杯と京都記念が行われますが

どちらも少頭数で個人的にはあまり買いたくないので

今回は面白そうなメンバーが揃ったバレンタインステークスを予想していきましょう!

今の東京のダートは結構わかりやすい傾向が出ているので狙い目か。

一発高配当を仕留めるためにもしっかり馬場を読み解いていきましょう。

 

バレンタインステークス予想|東京ダートの馬場を徹底解説します

 

まずは土曜日のダートのレースを振り返って傾向を掴んでいきましょう。

※()内は4角の通過位置です。

 

 

【東京7R:4歳上500万下】

スクリーンショット 2017-02-12 0.41.32

 

1着 エタニティーワルツ(7番手)

2着 ジュンザワールド (4番手)

3着 パーソナルブルー (2番手)

 

人気のシゲルハダカマツリがハナで平均ペース。

内枠からロスなくインを突いた伏兵エタニティーワルツが差し切り勝ち。

ジュンザワールドとパーソナルブルーは先行策から粘りこむ。

三連単の配当は100万近い大波乱となった。

 

 

【東京10R:銀蹄ステークス】

スクリーンショット 2017-02-12 0.50.30

 

1着 ポイントブランク (3番手)

2着 ラインシュナイダー(6人気)

3着 ワンダーサジェス (5人気)

 

ここはドラゴンゲートがハナで平均ペース。

勝ったのは先行策から押し切った伏兵のポイントブランク。

ラインシュナイダー、ワンダーサジェスは画像を見ての通り

インの好位から差して突っ込んできた。

 

 

【東京12R:4歳上1000万下】

スクリーンショット 2017-02-12 0.55.49

 

1着 ゴールデンバローズ(5番手)

2着 フィールザプリティ(5番手)

3着 ディアグリスター (8番手)

 

ここは先行争いが激しくなりそこそこ早いペース。

勝ったのは好位で脚を溜めたゴールデンバローズ。

同じく画像を見てもわかるように

2着のフィールザプリティと3着のディアグリスターは

どちらもインでジッとして最後内を突いて差してきた。

 

 

とりあえず後半のダートの3レースを振り返ってきましたが

確実に言えることは、今の東京ダートはイン絶対有利です!

この3レースで外枠から馬券になったのは

10レースで先行策から押し切ったポイントブランクのみ。

あとはどの馬もインの好位から差してきた馬のみです。

日曜日のバレンタインステークスも確実にイン有利になりそう。

 

そしてメンバーを見てもサトノプリンシパルを筆頭にトミケンユークアイ、

更に有力馬も前に行きたい馬ばかりでペースは流れるでしょうし、

そうなると狙い目はインで脚を溜めて内をついてこれる馬か。

 

 

ということで狙いたい穴馬は・・・

 

マッチレスヒーローですね。

 

東京千四は準オープンを勝ち上がった舞台でもありますが

オープンに上がってからも差のない競馬をしていて適性は高い。

今の馬場と展開を味方につければいかにもイン差しが決まりそう。

ここは前走同様もう一発穴を開けて欲しいですね!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!