【中山金杯&阪急杯 2017】穴馬の考察|開幕週なので先行・好位の馬から

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

先週は4重賞の内、ダイヤモンドSと小倉大賞典で的中。

フェブラリーSは勝負に行き過ぎたかなと反省です。

日曜日の中山記念・阪急杯の穴馬を考察したいと思います。

 

中山記念

G1での実績がある馬が中心になるレースです。

11頭立てと少頭数にはなりましたが、馬券になりそうな馬と

消せる馬とハッキリ分かれるかと思います。

馬券になりそうなところから、かつ穴馬を検討します。

 

展開を考えると、マイネルミラノがハナに立ち、

ネオリアリズムやクリールカイザーが内外から番手。

スムーズな流れになるのは間違いないでしょう。

問題はペースがどこまで早くなるか?でしょう。

 

中山芝1800mはスタートから1コーナーまでの直線は短く、

好位と取りたいためにある程度早くなりがちです。

過去2年の傾向からも前傾ラップになっています。

その上で、G1級のメンバーが揃う舞台ですので、

スタート良し、中よし、終い良しが求められます。

2年前の勝ち馬ヌーヴォレコルトに期待しましょう。

前走香港ヴァーズは、先々週の京都記念でワンツー。

前々走ではアメリカのG3とは言え、久々の勝利。

追切もしっかり動いていて、態勢は十分でしょう。

外の3列目からの競馬でロゴタイプの前に立ちたいと

岩田は考えると思いますが、そこがベストポジションになると思います。

後ろからの差し馬を凌ぎつつ、押し切ってゴールを目指すレースを

期待していきましょう。

前日で6番人気7番人気くらいになると思いますが、

老け込む様子も全く感じないので、ここから入ります。

◎10番ヌーヴォレコルト

2着以内はあるとみて、馬連・馬単1着固定流しで

的中を目指しつつ、高配当も狙っていきましょう。

 

阪急杯

ここは武幸四郎の取捨を最初に考えたいですね。

なんだかんだと言って、持っている男だと思うので、

カオスモスだから消し、という選択にはならないです。

かといって、期待を裏切るのもお手の物。

カオスモスは無条件で△へ。

 

レース全体を見渡すと、シュウジを頭で買っていいのか?

ここの判断がメインでしょう。

暮れの阪神Cと阪急杯はどちらも阪神1400mが舞台ですが、

ここを連勝する馬はおらず、近年だとサンカルロでさえ

1着→3着や2着→3着、あるいは4着→1着などで、連勝はありません。

相手メンバーは近年の中でも楽な相手だと思いますが

敢えての2着3着付けで馬券を組み立てたいところです。

阪神も開幕週ですし、1400mは内回りを利用します。

内枠先行有利と見るのが妥当ですので、穴馬はココからいきましょう。

◎3番ブラヴィッシモ

3番人気くらいになりそうなので、穴とは言えませんが、

単勝10倍前後なので、馬単・3連単で狙いたいと思います。

追切は3週連続で強烈に走っており、充実度は間違いありません。

シュウジを終始マークするポジションから最後僅かに抜け出すイメージで。

以上、中山記念・阪急杯の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!