【中山記念2017回顧】前哨戦はやはり前哨戦?

ikubaken

みなさま、お疲れ様です。IKUです。

春の(競馬上は)中山・阪神開催のスタート、皆様いかがでしたでしょうか?

今週末に弥生賞・チューリップ賞が行われると競馬をやっている人間としては「春が来たなー」と感じてしまいます。

早く暖かくなって気分だけでなく春が来てほしいところですね!

今日は昨日行われた中山記念2017を振り返ってみようと思います。

大荒れになった阪急杯と合わせて「前哨戦」についても少しふれていきたいと思います。

【中山記念2017結果】

1着ネオリアリズム(3番人気)
2着サクラアンプルール(8番人気)
3着ロゴタイプ(7番人気)

単勝710円、複勝310、910、440円、馬連14300円、馬単22790円、3連複52870円、3連単315300円

レースはロゴタイプがジワジワと内を伺い先頭へ、同じく外からクリールカイザー、内からネオリアリズム、マイネルミラノが先団を形成。

リアルスティール、ヴィブロスは中段、1番人気のアンビシャスは後方2番手からの競馬になりました。

 

途中ゆったりとしたペースを嫌ってマイネルミラノ、ネオリアリズムが先頭入れ替わりペースが上がり直線へ。

ロゴタイプが早めに先頭に立ち持ち味を活かし粘るところにネオリアリズムが徐々に迫る、コーナーをインベタで回ったサクラアンプルールも付いてくるも、ネオリアリズムがしのぎ切り優勝!

1番人気のアンビシャスは後方から最速タイの脚で追い上げましたが4着まで。同じ脚を使ったサクラアンプルールが距離ロスないレースをしたので同じ脚では厳しかったですね。

 

乗っていたルメール騎手も、

「中山でスローになってしまうと、後ろからでは難しいです」

と話していたように、前哨戦特有のスローペース、また無理に追いかけないこともあり馬券圏内を外してしまいました。

と、ここで前哨戦について少し触れておきたいと思います。

 

前哨戦の扱い

 

ちょうど先日自分のブログにも書いたのですが、
前哨戦で人気馬から馬券を買うことはリスクを伴います。

前哨戦で人気になりやすい馬は基本的には実績馬だと思います。

そして、次走(馬によってはその後)が「本命」のレース。

 

そう、あくまでたたき台のつもりで出て来ます。
もちろん大人の事情で常に勝つ仕上げで臨むものではありますが、
目標のレースの前に全力で仕上げる理由なんてないですよね(苦笑)

逆に目指したい大きいレースに出るには賞金が足らず目の前のレースを勝たなければいけない馬、3歳でなんとか出走権を獲得したい馬は、

先のことなんて考えず「今でしょ」とそのレースに掛ける意気込みが違ってきます。

 

阪急杯のシュウジ=抜けた1番人気で良いところなしで惨敗。
中山記念アンビシャス=スロペースで差し遅れ。

と共に次が目標の1番人気が馬券圏内に入ることもできませんでした。

もちろん、休み明けでも普通に走ることが出来る馬もいますし、
前哨戦だから嫌え!…とはいきません。

ただ、シュウジの単勝の売れ方をみるとちょっと考えなおした方が良い方も多いのではないかな…と思います。
(単勝どころか複勝圏内にも入れなかったのですが。。。)

今週は弥生賞、チューリップ賞が行われます。

前哨戦の位置づけの実績馬が多いですが果たしてどのような結果になるでしょうか。

 

昨年の弥生賞は力が抜けきった3頭が他馬を寄せ付けないレースでした。

今年はどうなるでしょうか?

強い馬が強いレースを見せるのも競馬ですが、
コロッと負けてしまうのの競馬です。

これから春のG1へのステップレース=前哨戦が本格化してきます。

人気馬を嫌う、嫌わないそこも予想の一部になってきますので頑張っていきましょう!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!