【弥生賞2017回顧】逃げた馬にも差した馬にも向くペース?

ikubaken

みなさま、お疲れ様です。IKUです。

先週は春を告げるクラシックトライアル、弥生賞、チューリップ賞が行われました。

両レースともに1番人気が勝つレースになりましたが、牝馬路線はソウルスターリングが一歩抜けたレースを見せ本番桜花賞へ向けて弾みをつけました。

一方、弥生賞を見る限り牡馬はまだまだ「これ」という馬が出で来ていない印象です。

今日はその、弥生賞を振り返っていきたいと思います。

【弥生賞2017結果】

1着カデナ(1番人気)
2着マイスタイル(8番人気)
3着ダンビュライト(5番人気)

レースはスタートよく飛び出したマイスタイルが先頭を伺い、2番人気に支持されたダイワギャグニーが外からそれに続く形。

中段に良血馬グローブシアター、後方からカデナ、コマノインパルスといった隊列になりました。

逃げたマイスタイルと鞍上横山典騎手の巧みなレースコントロールでスローペースになり、小回り中山で膨れるリスクを負ってまくる馬はいなく勝負の3〜4コーナーから直線へ。

 

直線に入ってもマイスタイルの脚色は衰えず後続もジワジワとしか詰められない。

内でベストアプローチが詰まりながら体勢を整え追い込むも4着まで。

マイスタイルがこのまま逃げ切るのか!?と思われた瞬間外からデナの末脚炸裂!!

見事差し切りカデナが優勝!

逃げたマイスタイルは堂々2着に粘り、3着には好位から伸びずバテずの脚を使ったダンビュライトが入りました。

 

ペースが向いた馬

スローペースとなった弥生賞でそのペースが向いた馬、を考えてみると先ずは当然逃げたマイスタイルになるでしょうか。

ここで注意をしておきたいのは「恵まれた」と考える一方でスタートよく先行出来る馬は「恵まれやすい」という事です。

現代の競馬の多くはスローペースでの競馬です。加えて逃げる馬の宿命として潰されると惨敗になりやすく、人気も落ちやすい傾向にあります。

 

今後もマイスタイル(の様な馬)は要注意です。とは言えマイスタイルは1600mなどでは瞬発力が足りないと思いますので距離やコースによってちゃんと見極めたいですね。

そして、もう一頭

 

スローの展開を差し切ったカデナ。

後方からの馬には一般的に向かないとされるスローペースを差し切ったのだから一定以上の能力がある事は確かです。

しかし、スローの瞬発力勝負が向くタイプの馬に見えますので、体力勝負になるとまだ経験をしていない分見えない部分があります。

体力勝負に強い馬として分かりやすく言えば(世代、持っているポテシャルは別として)、デェーマジェスティやマリアライトがあげられます。

乱ペースとなった昨年の皐月賞、ドロドロの馬場となった宝塚記念を差し切った、と言えば分かりやすいでしょうか。

競走馬で万能に近い馬は(ほぼ)いなく、この2頭は瞬発力勝負に向きません。

 

カデナはこれまで得意分野では良い結果を残して来ましたが、先々厳しいレースやフルゲート、多頭数になった時にどいった競馬をするのか、またどういった競馬が出来るのか。

この様な視点で予想をしてみたりレースを見てみると面白いかも知れませんね。

さてさて、毎週のようにG1へ向けたレースが続いていきますが、その特徴を捉えながら春競馬楽しんでいきましょうね!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!