【高松宮記念2017】高速馬場で浮上する馬

ank

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

先週の阪神第大賞典は大方の予想通り堅い決着で収まりましたが、馬券の残り一議席は当コラムで取り上げたデータ該当馬トーセンバジルが3着に好走してくれました。

安い配当でしたけどとりあえず当たりました!って事で、今週に繋げていければいいなって思います。

さて今週はG1高松宮記念です。

中京競馬場は改修工事が行われましたが、新装間もない頃は非常に時計の掛かる馬場でした。

しかし年々少しずつ時計は出るようになり、高松宮記念は昨年からBコース替り週に行われるようになり、さらに中京は昨年水はけが良くなるように路盤改修工事も行われていますので、今年もある程度速い時計で決着する可能性が高そうです。

そこで今回は昨年以降中京芝1200m戦がある程度速い時計で決着した時の血統傾向を調べてみました。

 

中京高速決着の血統傾向は?

今回参考にしたのはこれまで中京芝1200m戦で1分8秒を切る決着となった計9鞍になります。
(かなり速い時計も出るようになった印象のある中京ですが、意外にも1分8秒を切ってるのはわずか9鞍だけなんですね)

※中京芝1200で1分8秒以下時の種牡馬別成績
中京芝1200で1分8秒以下時の種牡馬別成績

3回以上出走があった種牡馬成績は上記の通り。

もっとも成績がいいのはディープインパクト産駒で【1.3.0.4】複勝率50%。2頭に1頭が連対していますね。

他はバクシンオーが人気で3頭走ってますけど分母が少ない事もあって、あまり大きな偏りは見つけられませんでした。

ちなみに実は何年か前にも芝1200戦で高速決着に強い種牡馬を調べた事があるのですが、その時はフレンチデピュティ、クロフネといったヴァイスリージェント系とキングカメハメハなどのキングマンボ系が良かったんですよね。ところが中京芝1200戦においてはこれらの系統が全滅しているのが面白いところです。

高松宮記念2017 血統面からの注目馬は?

今年の高松宮記念で血統的に注目したいのはフィエロです。

父がディープインパクトで母父Danehillはダンチヒ系。

ディープ×ダンチヒといえば昨年の勝ち馬ミッキーアイルと同じですね。

また今年1月に7秒台で決着した1000万条件、中京スポーツ杯でも父はハーツクライでしたが母父Danzigが好走しています。

それと血統から離れますけど高松宮記念って伝統的に前年マイルCS善戦馬の好走が多いんですよね。

フィエロは昨年マイルCSで勝ち馬から0.3差。これまでもG1勝ちこそありませんが、マイルG1で何度か馬券になってる馬ですのでここでは力上位。

もう8歳馬、後方脚質な点が気になるので◎にはしませんが、私も馬券にはぜひ入れておきたいと思ってます!

なかなかG1勝てなくて陣営も歯がゆい思いをしてるでしょうけど頑張って欲しいですね。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!