【日経賞予想】中山の馬場傾向を徹底分析します!

baba-540x315

皆さんこんにちは。このコーナーを担当するオキショーです。

今回は日経賞の予想と中山の馬場傾向を徹底分析します!

 

今週は重賞が4本にドバイWCと競馬好きにはたまらない週末。

もちろん勝ちたいですよね?

まずは土曜日一発目の日経賞を当てて流れを引き寄せましょう!

では早速予想の方に入っていこうと思います。

 

日経賞2017予想|中山の馬場傾向を徹底解説します!

 

先週の月曜日の中山の午後のレースを振り返って

今の中山芝の馬場傾向を探っていこうと思います。

※()内は4角の通過位置

 

【中山7R:4歳上500万下】

スクリーンショット 2017-03-24 22.08.16

 

1着 ニシノカブケ(3番手)

2着 トーホウスペンサー(2番手)

3着 ロンバルディア(4番手)

 

マイル戦で前半600m36秒4のスローペース。

それに気づいたムーンマジェスティが

一気に向こう正面で捲くってペースアップ。

最後は上がりの掛かる展開になったが

結局終わってみれば4角で5番手以内を確保した馬が圏内を独占した。

 

 

【中山9R:鎌ヶ谷特別】

スクリーンショット 2017-03-24 22.14.58

 

1着 ヒーズインラブ(7番手)

2着 ビヨンジオール(8番手)

3着 トレジャートローヴ(12番手)

 

ここは人気薄のヴェアリスサマーの逃げで平均ペース。

決して差しは決まりやすい流れになったわけではないが

結局終わってみれば差し決着。

1.3着馬は人気馬も、2着馬は6人気の伏兵だった。

このレースを見ても若干差しの決まる馬場になってきたと言える。

 

 

【中山11R:フェアリーS】

スクリーンショット 2017-03-24 22.24.14

 

1着 ファンディーナ(2番手)

2着 シーズララバイ(7番手)

3着 ドロウアカード(1番手)

 

ここは人気薄ドロウアカードの逃げでスローペース。

明らかに前に有利な流れになったが

2着には人気薄のシーズララバイが2着に突っ込んできた。

4着には単勝200倍超えの馬が外から突っ込んできているのを見ても

外差しが届くようになってきたという印象。

ドロウアカードはペースに恵まれての好走か。

 

 

だんだん中山も開催が進んできて内の馬場が荒れてきています。

月曜日は外から差してくる伏兵の走りも目立ちましたし

今の中山なら十分差しが届くと考えてもいいでしょう。

基本的にはフラットと見て良さそうですが

上がりの掛かるスタミナ馬場になっていることも考えれば

そう簡単に先行して粘れるレースになるとは言えない気がします。

 

 

ということで今回推奨する穴馬は・・・

 

ツクバアズマオーです。

 

生粋の中山巧者でオールカマーでは

ゴールドアクターと差のない競馬をしたほどの馬。

前走はあの流れではまずこれるはずがないですし

それでもラストの脚は目立っていました。

ここ4走は中山で常に上がり2位以内の末脚を繰り出していますし

展開さえハマれば頭まで突き抜ける可能性も秘めていると思います。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!