【高松宮記念予想】中京の馬場傾向を徹底分析します!

baba-540x315

皆さんこんにちは。このコーナーを担当するオキショーです。

今回は高松宮記念の予想と中京の馬場を徹底分析します。

去年は高松宮記念週から鬼畜な高速馬場に変わった中京でしたが

今年はどんな馬場傾向が出ているのでしょうか?見ていきましょう。

 

高松宮記念予想|中京の馬場傾向を徹底分析します

 

土曜日の中京のレースを振り返って

今の中京の芝の馬場傾向を探っていきましょう。

※()内は4角の通過位置

 

【中京7R:4歳上500万下】

スクリーンショット 2017-03-25 23.29.57

 

1着 フォンス    (2番手)

2着 ドルフィンマーク(1番手)

3着 コスモプロテア (6番手)

 

ここは前半1000m通過タイムが1分3秒4で

直線向くまではほぼ落ち着いたスローの流れに。

インの好位で脚を溜めたフォンスが内から抜け出して勝利。

ドルフィンマークは逃げ粘って2着で

3着には外から10番人気の伏兵コスモプロテアが入線した。

 

 

【中京10R:大寒桜賞】

スクリーンショット 2017-03-25 23.33.32

 

1着 アドマイヤウィナー(3番手)

2着 ブラックジェイド (1番手)

3着 スズカホワイト  (2番手)

 

ここは2着馬ブラクジェイドが後続を離す大逃げを打ち、

3着馬のスズカホワイトが5馬身ほど離れた2番手追走。

3番手にまたアドマイヤウィナーが続いたが

結局4角3番手以内を確保した馬が圏内を独占した。

 

 

【中京12R:岡崎特別】

スクリーンショット 2017-03-25 23.38.47

 

1着 オヒア(1番手)

2着 バシレウスライオン(2番手)

3着 トシストロング(7番手)

 

ここは高松宮記念と同じスプリント戦。

11番人気のオヒアが単騎逃げを打ちそのまま逃げ切り。

バシレウスライオンは2番手からそのまま2着に粘り込んだ。

3着には馬群を割って伸びてきたトシストロングが入線した。

 

 

どうですか?

もう土曜日のレースを見れば一目瞭然ですが

4角で3番手以内を確保した馬が全てのレースで勝っている上に、

連対馬まで見てもその傾向は変わりません。

 

今の中京の馬場は前が止まらない馬場になっていると言えます。

 

最近の高松宮記念はとにかく先行押し切りが基本ですが

今年も土曜日の競馬を見る限りその傾向は受け継がれそう。

 

そして人気馬を見てもメラグラーナを筆頭に

レッツゴードンキ、レッドファルクスと差し馬ばかり。

盲点になるのはやはり馬場を味方にできる先行馬か。

 

 

ということで今回の推奨穴馬は・・・

 

ワンスインナムーンです。

 

この枠ですがスタートは抜群に速いので問題ないでしょう。

スプリント戦は未だ負けなしで適性は高いですし中京も問題なし。

格上挑戦ですが今年のメンバーはG2みたいなもんですし

今の馬場を味方にすればこの馬でも十分やれていいと思ってます。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!