【大阪杯2017データ】前年の1、2着馬が今年も有力!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は4月2日に阪神競馬場で行われる大阪杯のデータをご紹介いたします。

今年の大阪杯の出走予定馬は、キタサンブラック、アンビシャス、マカヒキ、サトノクラウン、ヤマカツエースなど。今年からG1に格上げされたレースですが、G2時代の過去10年のデータをもとに分析していきましょう。

4歳が中心!7歳以上は大幅に割引

始めに以下にまとめたのは大阪杯の年齢別成績(過去10年)です。

170327表1

相性がいいのは4歳。ベタ買いでも非常に好成績を収めていますが、特に単勝9.9倍以下に限ると【6.2.2.3】(勝率46.2%、連対率61.5%、複勝率76.9%、単回収率176%、複回収率113%)と抜群の成績。昨年は同データに2頭が該当し、アンビシャス(単勝3.9倍)が1着、キタサンブラック(単勝6.2倍)が2着に好走しました。

一方、7歳以上は明らかに苦戦。馬券に絡んだのは14年2着トウカイパラダイスしかいません。大阪杯は今年からG1に昇格したことで旬な4、5歳馬が例年よりも多く参戦してくるので、今年から7歳以上の馬はより厳しい状況になりそうです。

格が重要!前走G1、G2組が中心

次に大阪杯の前走クラス別成績(過去10年)を見ていきましょう。

170327表2

3着以内馬30頭のうち25頭は前走G1、G2組(国内に限る)。特に中山記念組【3.2.1.11】(勝率17.6%、連対率29.4%、複勝率35.3%、単回収率190%、複回収率81%)、有馬記念組【3.1.3.10】(勝率17.6%、連対率23.5%、複勝率41.2%、単回収率93%、複回収率72%)から3着以内馬が多く出ています。有馬記念から直行で挑むか、年明けに中山記念でひと叩きして挑むか。3着以内馬の主要なローテーションはこの2つです。

そのほかの組は【2.3.0.53】(勝率3.4%、連対率8.6%、複勝率8.6%、単回収率19%、複回収率37%)と明らかに苦戦。ちなみに3着(2着)以内に好走した5頭は、

14年1着キズナ(前年の日本ダービー1着)
14年2着トウカイパラダイス
12年1着ショウナンマイティ(同年の宝塚記念3着)
11年2着ダークシャドウ(同年の天皇賞(秋)2着)
08年2着エイシンデピュティ(同年の宝塚記念1着)

といった面々。5頭のうち4頭はすでにG1を制しているか、同年のG1で好走した馬たちでした。

大阪杯2017のデータ推奨馬は?

それでは大阪杯2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。前走レース別で推奨できそうなのは、

アンビシャス(中山記念4着)
キタサンブラック(有馬記念2着)
サクラアンプルール(中山記念2着)

の3頭。中でもアンビシャスとキタサンブラックは昨年の大阪杯1、2着馬で昨年と同様のローテーション。2頭ともに人気を背負いそうですが、データ的には今年も有力といえそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!