皐月賞【中山芝2000mコースデータ】内、中、外の差はない

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、皐月賞の舞台である中山芝2000mのコースデータをご紹介いたします。

内、中、外の差はないコース

始めに以下にまとめたのは中山芝2000mの枠順別成績(2014年以降)です。

170412表1

中山芝2000mはコーナーを4回まわる小回りコース。内枠有利のイメージがある方もいるかもしれませんが、実際は上記の通り、内、中、外の差はありません。むしろ1枠は単回収率32%、複回収率54%とやや低め。勝率、連対率、複勝率が悪いわけではないので、単・複回収率が低いのは「内枠の馬は人気を集めがちだけど、実際の好走率はほかの枠と差がないため」といえるかもしれません。

皐月賞の枠順別成績(過去10年)を見ても、内、中、外はほぼフラットです(以下参照)。

170412表2

5枠を除けば、どの枠からでも勝ち馬が出ています。特に7、8枠からは勝ち馬5頭が出ており、外枠を引いたからといって割り引く必要は全くありません。皐月賞が行われるのは開催の最終週。芝がいくぶん荒れてきたころなので、外を回る馬が不利になるケースは意外と少ないのでしょう。

中山芝2000mを得意としている騎手は?

次に中山芝2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

170412表3

1位はルメール騎手。騎乗回数が少ないですが、複勝率は69.0%とダントツの数字をマークしています。同騎手はコーナー4回の中距離戦に強い傾向があり、中山芝2000mも例外ではないのでしょう。集計期間内の重賞でも【2.0.3.2】(勝率28.6%、連対率28.6%、複勝率71.4%、単回収率58%、複回収率108%)と安定した成績を残しています。

2位は戸崎騎手ですが、騎乗馬の質を考えると優秀な成績とはいえないか(実際、平均人気が3.6に対し、平均着順が5.9です)。むしろ馬券的には田辺騎手のほうが狙い目。複勝率36.9%、複回収率87%とまずまずの成績を残しています。特に牝馬では【5.3.7.13】(勝率17.9%、連対率28.6%、複勝率53.6%、単回収率82%、複回収率112%)と好調。同騎手は中山で一瞬の脚を生かして外からスパッと差し切る騎乗をすることが多いので、牡馬よりもキレがある牝馬との相性がいいのかもしれません。

そのほかでは柴山騎手が非常に好調。今開催の常総ステークスでは16頭立ての15番人気パリカラノテガミ(単勝9160円、複勝1970円)で差し切り勝ち。同馬を除いても単回収率は101%をキープしており、中山芝2000mは得意にしているコースなのでしょう。

中山芝2000mを得意としている種牡馬は?

最後に中山芝2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

170412表4

複勝率トップはディープインパクト。あまり相性のいいイメージがありませんが、数字で見ていくと中山芝2000mはコンスタントに活躍しているコース。特に単勝9.9倍以下の馬に限ると【24.16.15.39】(勝率25.5%、連対率42.6%、複勝率58.6%、単回収率100%、複回収率99%)と好結果を残しています。

逆に相性の良さそうなキングカメハメハはいまひとつ。ただ同馬も人気薄が走らないだけで、単勝9.9倍以下の馬に限ると【13.8.10.19】(勝率26.0%、連対率42.0%、複勝率62.0%、単回収率92%、複回収率102%)と好成績を収めています。

全体的には種牡馬によって買い/消しを判断するのが難しく、血統はあまり気にしなくていいコースかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!