フローラステークス【東京芝2000mコースデータ】内枠が有利

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、フローラステークスの舞台である東京芝2000mのコースデータをご紹介いたします。

1枠の単・複回収率が好調

始めに以下にまとめたのは東京芝2000mの枠順別成績(2014年以降)です。

170419表1

東京芝2000mのスタート地点は1コーナー奥のポケット。2コーナーで左に大きく曲がるカーブがあるため、一般的に内枠有利として知られているコースです。

上記の枠順別成績を見ると、それほど内枠有利ではありませんが、1枠は連対率、複勝率でトップの数字。単・複回収率も優秀な成績を収めており、1枠は積極的に狙っていいといえるでしょう。

また開幕週に行われるフローラステークスは全体的に内枠有利の傾向が出ています(以下参照)。

170419表2

上記にまとめたのは過去10年のフローラステークスの枠順別成績。1~4枠と5~8枠で比較すると、

1~4枠【6.6.5.62】(勝率7.6%、連対率15.2%、複勝率21.5%、単回収率63%、複回収率152%)
5~8枠【4.4.5.82】(勝率4.2%、連対率8.4%、複勝率13.7%、単回収率16%、複回収率43%)j

と顕著な差が出ています。特に単勝7倍以上で5~8枠に入った馬は【0.0.2.76】(勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率2.6%、単回収率0%、複回収率27%)と大苦戦。5~8枠に入った馬を狙うなら単勝6.9倍以下に限ったほうが良さそうです。

東京芝2000mを得意としている騎手は?

次に東京芝2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

170419表3

1位はルメール騎手。複勝率はダントツの61.4%をマークしており、単・複回収率ともに優秀な数字。特に同騎手は外枠で好成績を収めており、6~8枠だと【5.6.2.8】(勝率23.8%、連対率52.4%、複勝率61.9%、単回収率96%、複回収率117%)と抜群の成績を残しています。

2位のデムーロ騎手も非常に優秀な成績。複勝率は52.4%とルメール騎手に劣りますが、単・複回収率は100%以上をマーク。特に特別戦では【4.2.1.5】(勝率33.3%、連対率50.0%、複勝率58.3%、単回収率276%、複回収率178%)と大舞台に強い同騎手らしく抜群の成績を残しています。

そのほかでは福永騎手、戸崎騎手も好成績を収めています。

東京芝2000mを得意としている種牡馬は?

最後に東京芝2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

170419表4

複勝率トップはヴィクトワールピサ。出走回数が少ないので、信用度はそれほど高くありませんが、それでも複勝率62.5%とダントツの成績を収めています。昨年のフローラステークスでは同産駒のパールコードが2着に好走。今年も同産駒が出走していたら要注意といえるでしょう。

そのほかで意外と目を引くのがダイワメジャー。同産駒は東京よりも中山向きの印象がありますが、同コースでは上記の通り、単・複回収率ともに100%を超えています。特に単勝49.9倍以下に限ると【3.2.4.12】(勝率14.3%、連対率23.8%、複勝率42.9%、単回収率338%、複回収率206%)。極端な大穴を除き、東京芝2000mではダイワメジャー産駒を積極的に狙っていいといえるでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!