【天皇賞・春2017】穴馬の考察|展開予想からどハマりする馬を考える

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。
先週は福島牝馬ステークスが無事的中。

福島牝馬S_3連複002 福島牝馬S_馬連002

単複予想は、狙ってた穴馬が2着と残念でしたが、

今週も的中を目指してやっていきましょう。

 

さて、天皇賞。

ちまたでは、2強2強と騒がれていたと思えば、

某大手調教師が、3強だと言い出す始末。

身内の誰かに馬券を買わせているのでしょうか?

単勝オッズの誘導は勘弁してもらいたいものです。

はい、勝つのはその調教師の管理馬だと思ってます。

2番人気でしょうけど、「3強」発言で、

オッズが0.2くらいは美味しくなればいいですね。

 

本命はさて置き、穴馬を考察します。

レース展開を考えると、キタサンブラックの先行は、

もはや脅威でしかありません。

2000mの大阪杯でマルターズアポジーが沈んだときに、

確信しました。

逃げ・先行馬はキタサンブラック以外は壊滅します。

展開予想の一つの結論です。

その中で踏みとどまれるとすれば、有馬記念3着、

ゴールドアクターだけでしょう。

しかし、人気サイド。穴馬とは言えません。

 

展開から考えて、ならば追込み馬の出番か?

今の京都、天皇賞では追込みは届きません。

最低でも4コーナー9番手以内にポジションをとらないと、

3着すら捉えることは不可能です。

今回の出走メンバーは17頭。

3コーナーまで馬群の後方はOKです。

下り坂を利用して捲りつつ、4コーナーである程度のポジションへ。

最後の直線でさらに、脚を伸ばす。

ここまでしないと馬券に届きませんが、

このタイプを3着馬に指名します。

 

筆頭はシャケトラ

枠も1番でロスなくいけます。

ただし、スタートに不安あり、京都適性も?

斤量も58kg背負って3200mを戦います。

少なくとも不安要素は3つあります。

もっとも、3強ですから、3番人気でしょう。

3番人気は、穴馬とは言えない。

ならば、

未知数なのは百も承知でこの馬を。

▲トーセンバジル

阪神大賞典で3着。

その前はジャパンカップで11着。

この3か月の休養が、成長を促進させました。

管理するのは藤原厩舎。

ご存知ステファノスの調教師です。

ここは「前哨戦はあくまで前哨戦」。

「勝負はG1」このメリハリが効きすぎなくらいの厩舎です。

阪神大賞典、追い切りからメンバー中2番目の成長力を見せています。

脚質は道中は中団に控えてのロングスパート型。

展開はどハマりします。

波乱の天皇賞。

毎年6番人気以下が馬券に絡む天皇賞。

大阪杯に続いて、古馬王道は藤原厩舎が高配当をもたらします。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!