【ユニコーンステークス2017データ】青竜ステークス組が好相性

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は6月18日に東京競馬場で行われるユニコーンステークスのデータをご紹介いたします。

今年のユニコーンステークスの出走予定馬は、リエノテソーロ、アディラート、サヴィ、サンライズソア、アンティノウスなど。いつも通り、過去10年のデータをもとに分析していきましょう。

1、2着は人気馬で決まりやすい

始めに以下にまとめたのは、ユニコーンステークスのオッズ別成績です。

WS000019

全体的に上位人気が強いレースで、連対馬20頭のうち19頭は単勝14.9倍以下に該当。単勝15.0倍以上で2着以内に好走したのは15年2着ノボバカラしかいません。基本的に1、2着候補は上位人気から選んだほうがいいといえるでしょう。

ただ3着なら伏兵の突っ込みがたびたびあり、3着馬11頭のうち7頭は単勝20~99.9倍に該当。3着候補なら伏兵を狙ってみるのも面白いかもしれません。

意外と格が問われるレース

次にまとめたのは、ユニコーンステークスの前走クラス別成績(過去10年)です。

WS000023

ご覧の通り、ユニコーンステークスは3歳限定戦ながら意外と格が問われるレースといえそう。前走500万下組は総じて苦戦しており、単回収率6%、複回収率23%と悲惨な成績に終わっています。毎年、500万下を勝利して上位人気に推される馬がいるレースですが、ほとんどは馬券圏外に敗退。基本的に前走500万下組は割り引いて考えたほうがいいでしょう。

中心となるのはオープン特別組で、特に14年に創設された青竜ステークス組は【1.1.2.8】(勝率8.3%、連対率16.7%、複勝率33.3%、単回収率38%、複回収率112%)と好相性。特にユニコーンステークス当日、単勝9.9倍以下の馬に限ると【1.0.2.1】(勝率25.0%、連対率25.0%、複勝率75.0%、単回収率115%、複回収率140%)と抜群の成績を収めています。今年も青竜ステークス組で上位人気に推される馬には要注意といえそうです。

そのほかではダートグレードの兵庫チャンピオンシップ組が【3.2.1.5】(勝率27.3%、連対率45.5%、複勝率54.5%、単回収率103%、複回収率96%)と好成績。13年1着ベストウォーリア、16年1着ゴールドドリームは同組でした。

ユニコーンステークス2017のデータ推奨馬は?

それではユニコーンステークス2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。今年の出走予定馬で相性のいい青竜ステークスに絞ると、

サンチェサピーク
サンライズソア
シゲルベンガルトラ
トロピカルスパート
ハルクンノテソーロ

が該当。特に青竜ステークスを制し、ユニコーンステークス当日に単勝9.9倍以下に該当しそうなサンライズソアはデータ的にイチオシな1頭といえそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!