【宝塚記念2017】穴馬の考察|キタサンブラックには逆らえない

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

宝塚記念、11頭立てと少頭数の上、

昨年の3歳3冠を分け合った3頭はいずれも不出走。

少し寂しいメンバーとなり、その結果、

キタサンブラックの一強。

ここに逆らって勝負に行くのか?

素直にキタサンブラックから入るのか?

それとも、馬券は買わずに観戦に徹するのか?

今年の宝塚記念、スタートの時点で3択が用意されました。
この前提を踏まえて、宝塚記念をアタマで狙う単穴と、

紐で狙う紐穴をそれぞれ考察したいと思います。

キタサンブラックを逆転するなら

皆様ご承知のようにキタサンブラックは強い。

しかしながら、昨年の宝塚記念は3着、有馬記念も2着。

全く隙が無いわけではありません。

逆転する勝ちパターンは一つしかありません。

ある程度のポジションまで押し上げておいて、

直線の切れ味で差し切る。

ここまでは誰しもが辿り着くところです。

今回、大阪杯・天皇賞春、あるいは有馬記念と大きく変わる点があります。

逃げ馬不在。

マルターズアポジーやヤマカツライデンがいる訳ではありません。

ジャパンカップではキタサンブラック自ら逃げて圧勝でした。

今回は久しぶりの逃げ。阪神内回りは逃げ馬には優しい舞台。

ますます盤石です。

ここに布石を打ちそうなのが、

ゴールドアクター(横山典)

有馬記念では差を詰めて3着。まだまだ強いところを見せました。

今年に入ってからの2戦は不甲斐ない内容。

しかし、追い切りからは「何が何でも」という気配を感じます。

皆が「どうやって差し切るか?」を考えている中で、

横山典という男は、いかに出し抜くか、を考える男です。

ゴールドアクター、逃げに活路を見出して一発逆転を狙います。

 

キタサンブラックの紐穴狙いは?

ここは素直に差し馬から入りましょう。

阪神内回り・重馬場想定、そして相手関係は

・キタサンブラック

・キタサンブラックを相手に勝ちに行くグループ

・着狙い(G1出走そのものが喜び)

狙うべきは着狙いのグループです。

ただ、力関係は一見差が大きい。

いや、一見ではなく差が大きい。

宝塚記念が大人しく納まるG1だとは思いません。

ここは紐穴狙いに徹するのもありです。

クラリティシチー

前走エプソムCの位置付けに意味が見出せなかったのですが、

ここに来て何となく分かりました。

所属は美浦の関東馬です。

関西遠征は現代と言えど、まだまだ馬には負担が大きい。

5月に京都を使っています。

牧場に出しては宝塚記念が間に合わない。

さりとて鳴尾記念では負担が大きい。

エプソムCでお茶を濁した、という位置付けです。

完全に叩き台、その割に内容はそれなりにありました。

今回は気配上昇、馬体も良化。

皐月賞ジョッキー松山も気楽に乗れる立場。

2走前の都大路Sで、不良馬場でも問題ない追い込みの脚を見せました。

もともとキタサンブラックの逆転は考えていません。

自分の競馬に徹してどこまで前進できるか?

後方一気で追い込んだ先に3着以内がギリギリあってもおかしくありません。

人気のないグループは3頭になりそうですが、

クラリティシチーだけは押さえておこうと思います。
以上、宝塚記念の穴馬の考察でした。

単穴にゴールドアクター

紐穴にクラリティシチー

少しでも配当妙味が出るような展開を期待しましょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。