七夕賞【福島芝2000mコースデータ】

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、七夕賞の舞台である福島芝2000mのコースデータをご紹介いたします。

七夕賞は7、8枠がハッキリと不利なレース

始めに以下にまとめたのは福島芝2000mの枠順別成績(2015年以降)です。

WS000007

全体的には内枠がやや優勢。内に行けば行くほど数字が上昇するわけではありませんが、外枠よりは明らかに内枠のほうが好成績を残しています。近年の福島芝は開催後半になっても以前ほど外差しが利かないので、内をロスなく立ち回れたほうが有利と考えていいでしょう。

ちなみに七夕賞は内枠有利というより、外枠が不利なレースといえます(以下参照)。

WS000006

7、8枠に入った馬は【1.0.1.34】(勝率2.8%、連対率2.8%、複勝率5.6%、単回収率12%、複回収率10%)と大苦戦。昨年は1番人気に推されたシャイニープリンスが8枠16番に入り、9着と敗退。人気馬でも7、8枠に入ったら疑ったほうがいいでしょう。

福島芝2000mを得意としている騎手は?

次に七夕賞が行われる福島芝2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

福島芝2000m騎手

1位は吉田隼人騎手。複勝率はダントツの46.2%をマークしており、同コースを得意としている様子。特に単勝9.9倍以下の馬では【6.5.1.8】(勝率30.0%、連対率55.0%、複勝率60.0%、単回収率116%、複回収率102%)と抜群の安定感を誇っています。

2位は丹内祐次騎手。複勝率は34.6%をマークし、単・複回収率は100%越え。今年の福島民報杯を7番人気マイネルミラノで勝利するなど、特に「マイネル」「コスモ」軍団で好成績を残しています。

以下、石橋脩騎手、丸山元気騎手と続きますが、積極的に狙いたいのは吉田隼人騎手と丹内祐次騎手といえそうです。

福島芝2000mを得意としている種牡馬は?

最後に福島芝2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が10回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

福島芝2000m血統

1位はダントツでコンデュイット。特に単勝49.9倍以下では【5.4.1.7】(勝率29.4%、連対率52.9%、複勝率58.8%、単回収率354%、複回収率207%)と抜群の成績をマーク。サンプルは非常に少ないのですが、同コースで同産駒が出走していたら積極的に狙ってみて良さそうです。

2位はハービンジャー。勝率、単回収率の低さはやや気になるものの、複勝率、複回収率はまずまずの数字。ベタ買いではプラスになりませんが、前走同距離の馬に絞ると【2.2.6.10】(勝率10.0%、連対率20.0%、複勝率50.0%、単回収率30%、複回収率146%)と複回収率は100%越え。同産駒は前走同距離を使われている馬に絞って見るのが面白そうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!