函館記念【函館芝2000mコースデータ】

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、函館記念の舞台である函館芝2000mのコースデータをご紹介いたします。

内枠有利というより外枠が苦戦しているコース

始めに以下にまとめたのは函館芝2000mの枠順別成績(2015年以降)です。

WS000003

全体的に内枠有利というより、外枠が苦戦しているコースといえるでしょうか。7、8枠に入った馬は【3.6.9.104】(勝率2.5%、連対率7.4%、複勝率14.8%、単回収率7%、複回収率36%)と明らかに苦戦傾向。特に8枠に入って勝利した馬は1頭もいません。内枠が特別に優秀な成績を収めているわけではありませんが、外枠に入った馬は割り引いて考えたほうが良さそうです。

函館記念の枠順別成績(過去10年、函館開催のみ)を見ても、その傾向は変わりません(以下参照)。

WS000006

ご覧の通り、外枠はほとんど全滅状態。特に6~8枠は【0.2.3.48】(勝率0.0%、連対率3.8%、複勝率9.4%、単回収率0%、複回収率31%)と悲惨な成績に終わっています。人気馬でもあっさりと敗れるケースが多く、6~8枠から入るのはなるべく避けたほうがいいといえるでしょう。

函館芝2000mを得意としている騎手は?

次に函館記念が行われる函館芝2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000004

1位は岩田康誠騎手。同騎手は函館競馬場全体を得意としていますが、同コースも例外なく好成績。特に1~4枠に入った時は【3.2.3.4】(勝率25.0%、連対率41.7%、複勝率66.7%、単回収率85%、複回収率141%)と抜群の相性を示しています。岩田騎手が函館芝2000mで1~4枠に入った時は逆らわないほうが良さそうです。

2位は池添謙一騎手。複勝率は岩田騎手と並び、単・複回収率ともに100%越え。15年函館記念では7番人気ヤマカツエースに騎乗して3着に好走。今年も騎乗馬がいたら要注意かもしれません。

以下、騎乗回数は少ないですが、黛弘人騎手、丸山元気騎手も好成績を収めています。

函館芝2000mを得意としている種牡馬は?

最後に函館芝2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が10回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000005

全体的にこれといって狙える種牡馬がいない印象。

1位はサムライハートですが、これはダブルフラワー(函館芝2000m【0.2.2.3】)の貢献が大きく、数字を鵜呑みにはできません。

2位ハービンジャー、ハーツクライも数字は伸び悩んでおり、積極的に狙える種牡馬とはいえないでしょう。

ちなみにディープインパクトは圏外に終わっており、【2.2.1.23】(勝率7.1%、連対率14.3%、複勝率17.9%、単回収率32%、複回収率58%)といまひとつ。キングカメハメハもいまひとつに終わっており、王道の血統を狙うのは敬遠したほうがいいかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!