【中京記念2017データ】軽視される前走オープン特別勝ち馬が狙い目

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は7月23日に中京競馬場で行われる中京記念のデータをご紹介いたします。

今年の中京記念の出走予定馬は、ウインガニオン、ブラックムーン、ダノンリバティ、グランシルク、アスカビレンなど。現在の中京芝1600mで行われるようになった12年以降のデータをもとに分析していきましょう。

過去5年はすべて3連複万馬券決着

始めに以下にまとめたのは、過去5年の中京記念の結果。

WS000007

注目したいのは1~3着馬の人気。過去5年の1~3着馬の人気順を見ていくと、

16年7→6→4番人気
15年6→13→3番人気
14年7→11→5番人気
13年5→13→3番人気
12年5→6→10番人気

となっており、荒れに荒れていることが分かります。

過去5年の1、2番人気はすべて飛んでおり、二ケタ人気の馬が何度も好走。3連複はどの年も万馬券が飛び出しており、3連単も過去5年のうち4年は10万オーバーの配当が出ています。

先週の函館記念もよく荒れるレースですが、今週の中京記念もドデカい配当が飛び出しやすいレースといっていいでしょう。積極的に人気薄の馬を狙ったほうが良さそうです。

斤量55.5キロ以上が狙い目

次にまとめたのは、中京記念の斤量別成績です。

WS000008

ご覧の通り、斤量は重いほうが好成績を残しており、斤量55キロ以下と55.5キロ以上で比較すると、

斤量55キロ以下【1.2.1.30】(勝率2.8%、連対率8.3%、複勝率11.1%、単回収率32%、複回収率42%)
斤量55.5キロ以上【4.3.4.33】(勝率9.1%、連対率15.9%、複勝率25.0%、単回収率105%、複回収率116%)

とハッキリと差が出ています。

ハンデ戦は一般論として斤量の重いほうが好成績を収めているのですが、この中京記念も例外ではなさそう。穴をあけるのは実績がなく、斤量の軽い馬ではなく、斤量を背負いながら嫌われている馬がほとんどです。

前走オープン特別勝ち馬に要注意!

最後に中京記念の前走レース別成績を見ていきましょう。

WS000009

中心になるのは以外にもオープン特別組。

重賞組とオープン特別組を比較すると、明らかにオープン特別組の方が結果を残しており、中京記念は重賞の中でも珍しくオープン特別組が強いレースといえるでしょう。特に前走オープン特別1着馬の成績は非常に優秀な成績を収めています(以下参照)。

WS000012

該当馬は7頭とそれほど多くありませんが、【2.1.1.2】(勝率28.6%、連対率42.9%、複勝率71.4%、単回収率274%、複回収率305%)と好成績。昨年の2着ピークトラムは前走谷川岳ステークス1着、同3着ケントオーは前走米子ステークス1着でした。

一般的にハンデ重賞において前走1着馬は斤量増になりやすく、嫌われる傾向にあるのですが、中京記念において前走オープン特別1着馬は積極的に狙ったほうが良さそうです。

中京記念2017のデータ推奨馬は?

それでは中京記念2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。斤量と前走レースに注目するとドンピシャなのは、

ウインガニオン(斤量57キロ、前走パラダイスステークス1着)
ブラックムーン(斤量57キロ、前走米子ステークス1着)

の2頭。特にウインガニオンは人気になりにくいタイプ。連勝中とはいえ、ここも敬遠されそうな雰囲気が漂っているので、もう一発があっても不思議ではないかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!