【レパードステークス2017データ】中心はジャパンダートダービー組

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は8月6日に新潟競馬場で行われるレパードステークスのデータをご紹介いたします。

今年のレパードステークスの出走予定馬は、エピカリス、タガノディグオ、アディラート、ハルクンノテソーロなど。レパードステークスが創設された09年以降(過去8年)のデータをもとに分析していきましょう。

1番人気は複勝率100%

始めに以下にまとめたのは、レパードステークスの人気別成績です。

WS000003

1番人気は【5.1.2.0】と複勝率100%。近年を振り返っても、インカンテーション(1着)、アジアエクスプレス(1着)、クロスクリーガー(1着)、ケイティブレイブ(2着)と安定した成績を残しています。

2番人気も【3.1.1.3】とまずまずの成績なので、レパードステークスは上位人気が圧倒的に強いレースといっていいでしょう。

勝ち馬はすべて2番人気以内、連対馬もすべて7番人気以内に収まっています。ただ3着には人気薄が入るケースもあり、3着馬10頭のうち7頭は6番人気以下。過去3年を見ても、14年9番人気3着ランウェイワルツ、15年11番人気3着タマノブリュネット、16年6番人気3着レガーロと3着には人気薄が食い込んでいます。

ジャパンダートダービー組が中心

次にまとめたのは、レパードステークスの前走レース別成績です。

WS000004

中心はジャパンダートダービー組。同組からは3着以内馬8頭が出ており、毎年同組から最低でも1頭は3着以内馬が出ています。昨年は2着ケイティブレイブ、2年前は1着クロスクリーガーがジャパンダートダービー経由での参戦。特に当日、3番人気以内に推された馬は【4.2.1.2】(勝率44.4%、連対率66.7%、複勝率77.8%、単回収率147%、複回収率114%)と抜群の安定感を誇っています。

ユニコーンステークス組は【2.0.0.9】と両極端な成績。勝利を収めた14年1番人気1着アジアエクスプレス、16年2番人気1着グレンツェントはともにレパードステークスで2番人気以内に推されていました。

そのほかでは前走1000万下組からの好走がチラホラあり、前走で1800mの1000万下を勝利した馬に限定すると【2.3.1.4】(勝率20.0%、連対率50.0%、複勝率60.0%、単回収率50%、複回収率89%)とまずまずの数字。特に前走で新潟、中京コースの1800mの特別戦を勝ち上がってきた馬が頻繁に3着以内に好走しています。

レパードステークス2017のデータ推奨馬は?

それではレパードステークス2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。前走レースで狙い目なのは、

シゲルコング(ジャパンダートダービー10着)
タガノディグオ(ジャパンダートダービー3着)
ノーブルサターン(ジャパンダートダービー5着)
ローズプリンスダム(ジャパンダートダービー8着)

スターストラック(檜山特別1着)
テンザワールド(濃尾特別1着)

です。

特に注目したいのはタガノディグオテンザワールド。タガノディグオは近走成績からレパードステークスで3番人気以内に推されるのがほぼ濃厚(おそらく2、3番人気)。ジャパンダートダービー組は当日3番人気以内に推された馬が抜群の安定感を誇っていますし、今年は同馬が該当しそうです。

そして1000万下勝ち組ではテンザワールドに注目。前走は中京コースの1000万下を勝ち上がっており、1000万下勝ちの中でも特に好走馬が多いパターン。過去に濃尾特別を勝利してレパードステークスに挑んだのは2頭いて、13年1番人気1着インカンテーション、14年3番人気5着アスカノロマンという成績。2頭ともに掲示板に入る走りを見せていますし、テンザワールドも上位争いには加われるのではないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!