【エルムステークス2017データ】前走着順がモロに直結するレース

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は8月13日に札幌競馬場で行われるエルムステークスのデータをご紹介いたします。

今年のエルムステークスの出走予定馬は、テイエムジンソク、ピオネロ、クリノスターオー、コスモカナディアン、モンドクラッセ、オヤコダカなど。いつも通り過去10年のデータ(新潟開催で行われた09年を除く)をもとに分析していきましょう。

連対馬18頭のうち14頭は単勝9.9倍以下

始めに以下にまとめたのは、エルムステークスの単勝オッズ別成績です。

WS000001

全体的に上位人気が強く、連対馬18頭のうち14頭は単勝9.9倍以下。昨年こそ7番人気リッカルドと4番人気クリノスターオーで決まり、馬連96.6倍と高配当が出ましたが、基本的には上位人気同士で決まり、馬連20倍台以下の決着に終わっています。

ただし、3着には伏兵が入ることもあり、3着馬9頭のうち4頭は単勝30.0倍以上。14年10番人気3着インカンテーション、15年7番人気3着エーシンモアオバーなど、伏兵が3着に入るケースは目立っています。

前走着順がモロに直結するレース

次にまとめたのは、エルムステークスの前走着順別成績です。

WS000003

ご覧の通り、前走着順と結果はほとんど比例しており、前走1、2着馬が好成績。特に前走で1700~1900mのレースを勝利してきた馬は【5.2.2.8】(勝率29.4%、連対率41.2%、複勝率52.9%、単回収率254%、複回収率104%)と抜群の成績を残しています。昨年は同パターンに該当したリッカルド(前走安達太良ステークス1着)が7番人気の低評価を覆して優勝。前走1700~1900mのレースを勝利してきた馬は人気に関係なく要注意かもしれません。

逆に前走5着以下は【2.2.1.52】(勝率3.5%、連対率7.0%、複勝率8.8%、単回収率15%、複回収率35%)と大苦戦。前走5着以下の馬であれば、前走クラスに関係なく軽視したほうがよさそうです。

エルムステークス2017のデータ推奨馬は?

それではエルムステークス2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。エルムステークスでモロに直結する前走着順だけに注目すると、

オヤコダカ(星雲賞1着)
コスモカナディアン(安達太良ステークス1着)
サングラス(上総ステークス1着)
テイエムジンソク(マリーンステークス1着)
ピオネロ(マーキュリーカップ2着)

らが該当。

中でも注目はコスモカナディアンでしょうか。過去、安達太良ステークスを勝利してエルムステークスに出走した馬は13年3番人気1着フリートストリート、16年7番人気1着リッカルドと2戦2勝。エルムステークスととても相性のいいレースだけに、今年はデータ的にコスモカナディアンが面白いかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!