エルムステークス【札幌ダート1700mコースデータ】内より中~外が理想

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、エルムステークスの舞台である札幌ダート1700mのコースデータをご紹介いたします。

1枠が苦戦しているコース

始めに以下にまとめたのは札幌ダート1700mの枠順別成績(2015年以降)です。

WS000000

同コースの特徴は1枠が苦戦していること

勝率、連対率は明らかにほかの枠と比べて落ち込んでおり、単回収率は19%に留まっています。1枠の成績がいまひとつなのは、おそらく外からプレッシャーを受けやすいからでしょうか。これは小倉ダート1700mにも言えますが、小回りのダート1700mは外から内に切り込んでくる馬がいるため、内枠の馬は行くか控えるかの極端な競馬を選択されがち。中途半端な競馬になってしまうと、揉まれて何も出来ずというケースがあるため、全体的な数字が伸び悩んでいるのでしょう。

エルムステークスの枠順別成績(札幌開催のみ)を見ても、内より中~外の方が好成績を収めています(以下参照)。

WS000004

1~3枠は【1.1.2.22】(勝率3.8%、連対率7.7%、複勝率15.4%、単回収率14%、複回収率51%)と苦戦気味。できれば、4枠以降に入りたいところです。

札幌ダート1700mを得意としている騎手は?

次にエルムステークスが行われる札幌ダート1700mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000001

1位は過去2年、短期免許で来日しているモレイラ騎手。複勝率はダントツの60.9%をマークし、単・複回収率ともに優秀な成績を残しています。人気馬ばかりに騎乗しているのもありますが、これだけ安定した成績を残しているので、安易に嫌わないほうがいいでしょう。

2位のルメール騎手は騎乗馬の質を考えるとそこまで推せず、3位の横山典弘騎手は勝率、連対率がいまひとつ。

馬券的な狙い目でいえば、福永祐一騎手、三浦皇成騎手、岩田康誠騎手、勝浦正樹騎手の4人のほうがオススメです。特に勝浦正樹騎手は上位で平均着順(6.1着)が平均人気(6.6番人気)を上回っている唯一の騎手。単勝29.9倍以下の馬に限ると【7.7.4.23】(勝率17.1%、連対率34.1%、複勝率43.9%、単回収率214%、複回収率122%)と抜群の成績を残しています。勝浦騎手を含め、日本人4人の騎手に関してはエルムステークスで騎乗馬がいたら要注意でしょう。

札幌ダート1700mを得意としている種牡馬は?

最後に札幌ダート1700mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000003

1位はアグネスデジタル。複勝率は52.4%をマークし、ほぼ2回に1回は馬券圏内に好走しています。産駒数は少ないのですが、昨年のエルムステークスで3着に好走したモンドクラッセ、デジタルフラッシュ、ベルゼブブなどが同コースで勝ち上がっています。

2位はマンハッタンカフェ。同産駒はやや不器用なイメージがありますが、同コースとの相性はいいと言ってよさそう。勝ち上がる回数こそ少ないですが、複勝率41.9%、複回収率88%とまずまずな数字。特に単勝49.9倍以下の馬では【4.6.3.11】(勝率16.7%、連対率41.7%、複勝率54.2%、単回収率29%、複回収率113%)と好成績を残しています。

3位のゼンノロブロイも好成績。特に勝ち上がることが多く、勝率は24.1%をマークし、単回収率は192%に達しています。今開催もポプラ特別で5番人気レインボーソングが勝利。同産駒は人気がなくても一発があることを警戒したほうがいいでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!