【セントウルステークス&京成杯オータムハンデ2017】穴馬の考察

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

今週から中山・阪神に替りいよいよ秋競馬の開幕です。

開幕週にスプリント・マイル・3歳牝馬の前哨戦が
組まれていて、一気に忙しさが出てきますね。

紫苑ステークスは堅く決まると思っていますので、
今回は特に触れませんが、
◎ポールヴァンドルから入ります。
日曜重賞のセントウルS・京成杯AHを考察します。

ポイントはどちらもサマーシリーズの最終戦です。

穴馬を考察する際は、G1で勝ち負けの実績馬が出てくる
このレースでこそ、サマーシリーズの賞金稼ぎに来ている
馬を高く評価したいと思います。

 

サマースプリント(セントウルS)

ラインミーティア・フィドゥーシアに
逆転1位の可能性が残されています。

フィドゥーシアはおそらく人気になるでしょう。
穴馬とは言えません。
一方のラインミーティア。新潟千直以外に出番はなさそうな
タイプです。鞍上含めてもそうですね。

ただ追い切りは抜群でした。あの仕上がりを見ると
軽々に消すわけにはいきません。

ラインミーティアは「追い切り」から馬券に加えます。

といっても、やはり阪神の適性が怪しい。

もう一頭、穴馬を入れておきましょう。

北九州記念で5着から参戦のアルティマブラッド

阪神開幕週は前にいってナンボ。

フィドゥーシアが大外に入ったので、
内枠先行馬は脚が溜めやすくなりました。

アルティマブラッドも阪神がイマイチなのは不安ですが、
ペースも早くはならないでしょうから、粘り込に期待します。

セントウルSは、サマーシリーズの優勝を狙う
ラインミーティア

展開利が見込める
アルティマブラッド

この2頭を穴馬に指名して馬券を組み立てます。

◎はフィドゥーシアで行く予定です。

 

サマーマイル(京成杯AH)

サマーマイルのチャンピオンになれる可能性があるのは
マルターズアポジー
ダノンリバティ
グランシルク(同点優勝)

こちらの3頭です。

マルターズアポジーとグランシルクは、3番人気以内濃厚で
穴馬とは呼べず。

ダノンリバティか・・・。
昨年が10着、中山の適性はどう見てもない。

ということで、サマーマイルからは有力馬ですが

マルターズアポジー
グランシルク

を狙っていく方向で行くしかなさそうです。

次に考えるのは展開利。そして仕上がり。

▲ブラックスピネル

人気になるかもしれませんが、ここしか狙える穴馬はいません。
何も考えず総流しした方がいいレースな気もしますが、
敢えて狙うなら。

展開を考えると、マルターズアポジーが作るハイペースを
気にすることなく離れた好位をキープできるポジション。

ここが取れます。

追い切りはかなり良く見えたので仕上がりも十分でしょう。

枠と展開からは一番おいしいポジションで、
走れる態勢にあるなら買いの一点です。

馬券はブラックスピネルからワイド総流しでもいいかもしれません。
変なのが一頭くらい来るでしょう。
以上、セントウルSと京成杯AHを
サマーシリーズから考察してみました。

G1前哨戦、という位置付けですが、そこに目を向けるよりは
この夏の総仕上げ、という位置付けで組み立てたいと思います。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!