【セントライト記念2017データ】日本ダービー組の期待値が高いレース

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は中山競馬場で行われるセントライト記念のデータをご紹介いたします。

今年のセントライト記念の出走予定馬は、アルアイン、ミッキースワロー、クリンチャー、セダブリランテス、イブキなど。いつも通り、過去10年のデータをもとに分析していきましょう(新潟開催を含む)

関東馬が優位のレース

まずはセントライト記念の所属別別成績(過去10年)から見ていきましょう。

◆過去10年のセントライト記念の所属別成績
WS000003

セントライト記念は関東馬が活躍しているレース。勝率、連対率、複勝率はどれをとっても関東馬>関西馬になっており、関東馬中心に考えていいレースでしょう。特に勝ち馬は10頭中9頭が関東馬。勝ち馬はほぼ関東馬と割り切っても良さそうです。

日本ダービーからの直行組がとにかく強い

次に以下にまとめたのはセントライト記念の前走クラス別成績です。

◆過去10年のセントライト記念の前走クラス別成績
WS000004

特に好相性なのは前走G1組。該当馬29頭のうち28頭は前走が日本ダービーだったので、G1組=日本ダービー組と置き換えていいでしょう。特に日本ダービーで4コーナー12番手以内だった馬は【6.3.3.13】(勝率24.0%、連対率36.0%、複勝率48.0%、単回収率173%、複回収率128%)とほぼ2頭に1頭は3着以内に好走しています。

2年前は同条件に該当した馬が3頭出走して、

キタサンブラッ6番人気1着
ミュゼエイリアン9番人気2着
サトノラーゼン1番人気7着

という成績。昨年も3頭が該当して

ディーマジェスティ1番人気1着
プロディガルサン3番人気3着
プロフェット7番人気9着

と人気に関係なくコンスタントに3着以内に好走しています。

今年も同条件に該当する馬がいれば、積極的に買ったほうがいいでしょう。

格上挑戦は「前走で新潟芝2000m以上の1000万下に出走した馬」を狙いたい

上のクラス別成績を見ても分かる通り、500万下組、1000万下組は基本的に買えないのですが、唯一、狙えるのが「前走で新潟芝2000m以上の1000万下に出走した馬」です(以下参照)。

◆前走で新潟芝2000m以上の1000万下に出走した馬のセントライト記念成績
WS000000

該当馬は合計で15頭。その成績は【1.4.1.9】(勝率6.7%、連帯率33.3%、複勝率40.0%、単回収率123%、複回収率201%)で単・複回収率ともに100%を超えています。近年は該当馬がいないのですが、12年にはスカイディグニティが14番人気2着、13年にはダービーフィズが5番人気2着と好走。特に人気薄の馬が2、3着に好走するケースが多いようです。

セントライト記念2017のデータ推奨馬は?

それではセントライト記念2017のデータ推奨馬を見ていきましょう。出走馬の中から「G1組(日本ダービー組)」と「前走で新潟芝2000m以上の1000万下に出走した馬」がいるか見ていくと、

アルアイン(日本ダービー組、4コーナー5番手)
クリンチャー(日本ダービー組、4コーナー9番手)
サーレンブラント(前走信濃川特別)
※プラチナヴォイス(NHKマイルカップ組)

の3頭が該当。アルアインはさすがに人気を集めそうですが、クリンチャー、サーレンブラントはそこまで人気を集めないと思うので面白いかもしれません。あとG1組という大きな括りで見れば、プラチナヴォイスも該当します。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!