【神戸新聞杯&オールカマー 2017】穴馬の考察

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

先週のこちらの記事で紹介した

ローズS:ラピッドラン

セントライト記念:ミッキースワロー

この2頭がともに勝利。
結果的に穴馬ではなかったかなと
思うところもありますが、

少なくともド本命ではない馬でしたので、
良しとしておきましょう。

今週もじっくり考えてきました。

 

神戸新聞杯

菊花賞への最も大事な前哨戦となります。

ダービー馬レイデオロ他
ダービー出走組が多数参戦。

基本的にはダービー組から入りつつ、
夏の上がり馬を1頭チョイスする形でいいでしょう。

夏の上がり馬筆頭はキセキ
デムーロ騎乗ですし、逆らう必要なし。

しかし人気になりそうですので穴馬とは言えません。

ダービー組から穴馬を探します。

ポイントは阪神2400mはその馬の底力が試される舞台という点。

地力だけでどうにかできる馬を選びたいと思います。

ダービー4着。
ここを素直に評価します。

▲マイスタイル

今回も単騎逃げ濃厚。
最近のノリさんはやる気です。

ポツンするまでは買い続けましょう。
追い切りは非常に動いていました。

ここは、敢えてアタマで狙うのもアリかなと思います。
1着-3着までのパターンを用意して臨みます。

 

オールカマー

天皇賞秋への前哨戦ですね。

中山2200mは特殊な舞台ですので、
天皇賞秋への関連性は低いものの

暮れの有馬記念では好走馬も出てきます。
最近ではゴールドアクターが筆頭です。

重要視すべきは中山巧者。
特に2200m巧者は外せません。

それを考えると春の同舞台AJCCの勝ち馬は
押さえないといけません。

今年はタンタアレグリア
その後疲労かなんかで順調さを欠きましたが、
そもそもの実績とAJCCの走りから、このメンバー相手だと

少々出来落ちでも勝ち負けまで持ってくるでしょう。

と、ここまでは誰もが辿り着くところ。
大穴狙いに一発「中山でダメダメだった馬」を行きましょう。

▲グランアルマダ

前々走の湾岸Sが唯一の中山でしたが、結果は3.5秒差のシンガリ負け。
結果だけを見るとまず買えません。

レース内容を振り返っても、2コーナー過ぎたくらいから
走る気をなくしたのか、追っても追っても伸びません。
松山でしたので、馬とケンカでもしていたのでしょうか。

その前々走を踏まえて前走は逃げに出ました。
これがハマった。

前々走の敗因は、というかここまで成績が伸び悩んだのは
「逃げを打たなかったから」

この馬は番手ではダメで、ハナに立ってこそです。
今回同型はマイネルミラノがいますが、
主張すればハナを譲ってくれます。

単騎逃げ濃厚、そのままイッタイッタもありそうです。

更に、今の中山はパワーを要し始めました。
馬格は500kg以上は欲しい芝条件です。

前走526kg、この点もクリア。

条件は整いました。

グランアルマダ、単勝も狙いつつ
タンタアレグリアとの2頭軸で勝負するか。

金曜日の段階ではこのように考えています。

以上、神戸新聞杯とオールカマーの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!