【エリザベス女王杯2017】穴馬の考察

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

武豊が騒がせていますね。
落馬して乗り変わりかと思えば、

また競馬リポーターと路上でフライデーと。

菊花賞の夜だったということですので、
次の週の天皇賞で勝つあたりはさすがのメンタルです。

この辺は羨ましいとさえ思えますね。
いろいろな意味で(笑)
さて、エリザベス女王杯
基本的には上位拮抗でしょう。

人気サイドで決まる公算が高いと見ます。
そんな中ですが、本日は
人気サイドから消し馬、
可能性が低いながらも押さえておきたい
穴馬を紹介したいと思います。
まず、展開を考えましょう。

クロコスミアが2枠4番と好枠を得ました。
ペースはこの馬が作るでしょう。
スタートこそ出していきますが、
スローに持ち込もうとします。

2番手からプレッシャーをかけたいのは
外からルージュバック、内からモズカッチャンあたりです。
それでも動かないとなると、向こう上面で
福永リスグラシューあたりが仕掛けるかもしれません。

 
圧倒的な決め手を持つ馬がいれば馬券圏内までありますが、
今回はそういうタイプは不在。
ディアドラが上がり最速を出すレースとなりそうです。
この場合は、届いてぎりぎり。

 
全体感としては前目に付けながらも
そこそこの上がりを出せる馬が狙い目となりそうです。

 
▲トーセンビクトリー

 
クイーンSではアエロリットが逃げる中、
クロコスミアが3番手からレースを作る流れ。

結果アエロリットをそのまま行かして
まんまと逃げ切られましたが、そこで上がり最速の2着。

鞍上アッゼニは心許ない点は重々承知ですが、
2枠スタートで好位をキープできるのは間違いないでしょう。

そこから脚を伸ばして前を捉えつつ後ろから差されない、
ぎりぎりの3着なら考えられます。

追い切りの動きも上々。
G1ではノーマークにできない角居厩舎。
堅い決着前提ではありますが、
紐に加えておきたい一頭です。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!