根岸ステークス【東京ダート1400mコースデータ】

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、根岸ステークスの舞台である東京ダート1400mのコースデータをご紹介いたします。

1枠以外はほぼフラット

始めに以下にまとめたのは東京ダート1400mの枠順別成績です(以下参照)。

◆東京ダート1400mの枠順別成績(2016年以降)
WS000006

全体的にほぼフラットのイメージ。東京ダート1600mだと芝部分を長く走れる外枠の方が有利な傾向は出てきますが、東京ダート1400mはダートスタートなので枠順の有利、不利はほとんどありません。

ただ1枠は勝利、連対率、複勝率ともに伸び悩んでおり、苦戦気味。1枠だと外からプレッシャーをかけられるため、レース運びがしづらい面があるのでしょう。

根岸ステークスの枠順別成績(過去10年)を見ても同様の結果が出ています。

◆根岸ステークスの枠順別成績(過去10年)
WS000007

全体的にほぼフラット。内、外の差はないと見ていいでしょう。

東京ダート1400mを得意としている騎手は?

次に根岸ステークスが行われる東京ダート1400mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

◆東京ダート1400mの騎手別成績(2016年以降)
WS000008

1位は唯一の60%台に到達したルメール騎手。単・複回収率の面でも優秀な成績を残しており、積極的に買っていい数字といえるでしょう。特に関西馬とのコンビでは【4.2.2.3】(勝率36.4%、連対率54.5%、複勝率72.7%、単回収率160%、複回収率130%)と抜群の成績を残しています。

2位は福永祐一騎手。勝率はやや低いものの、複勝率は54.5%をマークし、複回収率も112%と優秀。単系の馬券では買いづらいですが、3連複の軸であれば、積極的に信頼してよさそうです。

特にオススメできるのはルメール騎手と福永騎手くらいでしょうか。

東京ダート1400mを得意としている種牡馬は?

最後に東京ダート1400mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

◆東京ダート1400mの種牡馬別成績(2016年以降)
WS000010

1位はカジノドライヴ。単回収率の低さはやや気になるものの、複勝率32.7%、複回収率215%と複系なら積極的に買える数字。穴馬もコンスタントに輩出しており、同コースに出走している人気薄のカジノドライヴ産駒には注意したほうが良さそうです。

2位のキングカメハメハはサンプル数が多い中では優秀な種牡馬といえそう。特に単勝29.9倍以下に限ると【14.8.5.32】(勝率23.7%、連対率37.8%、複勝率45.8%、単回収率139%、複回収率110%)と抜群の数字を残しています。

積極的に買いたいのはこの2頭の種牡馬ですね。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!