【オークス2018】穴馬の考察 ▲サヤカチャンの逃げに期待!

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

オークスの穴馬を考えていきますが、
その前に2強の評価をしておきたいと思います。

アーモンドアイ

桜花賞では上がり3Fが33.2と1位でしたが、
2位のトーセンブレスには1秒差の大差でした。

残り600mでは到底太刀打ちできない
異次元の上がりを持っているのは間違いありません。

オークスは2400mですが、感覚的には
最初の800mは試運転で、そこからマイルのレースが始まる形です。

メンバー的にも前々が激しいポジション争いをするとは思えず、
淡々と流れて途中からレースが動き出す。

実質的には東京の長い直線を向いてからの競馬で
切れ味とそこまでのポジションが明暗を分けるレースでしょう。

その点から行くと、アーモンドアイのラスト3Fで1秒巻き返せる能力なら
まとめて差し切る場面は容易に想像できます。

あと、血統的にも何ら問題ないので、距離延長はむしろプラスと
捉えています。馬体的にもオークスなら守備範囲です。

ラッキーライラック

実は評価が難しいと感じています。
というのも、ムラ馬の気がしているからです。

ここまでのレース振りは全てもマジメに走っており、
ムラ馬ではないのですが、ステイゴールドに繋がる血は

100%の信用とは行きません。

石橋脩もG1で人気馬に乗って勝たせるだけの力量というか、
運を持っているかどうかと言われると違う気がしますし、

少なくともアタマでは買いづらいというのが第一です。

勝つとすれば、先行から押し切りを狙って
アーモンドアイが原因不明に伸びて来ないパターンだけです。

一応、アーモンドアイは前走レコード勝ちですので
「競馬あるある」からいくと、次走は消しが鉄則です。

期待するとしたらこの点だけでしょうか。
冷静に考えると、1着アーモンドアイ、2着か3着にラッキーライラック。
ここでほぼ決まりでしょう。
それだけ能力が抜けている2頭だと考えます。
ということで、今回は開き直った大穴馬で勝負です。
この2頭で決まってもツマランので、大万馬券狙いです。
▲12番サヤカチャン
アルテミスSで2着以降、さっぱりいいところがありません。
ただ、原因と言えるところは一応あります。

阪神JFではアルテミスSから馬体重が+12kg。
少なくとも決して成長分ではありません。

ただ単に、調整ミスしてデブっただけです。

阪神JF以降もずっとレースを使われており、
大敗が続いていましたが、前走でやっと多少まともなレースができました。

状態は上がってきていると思ったところで追い切りをチェックすると、

抜群です。

状態は文句なし。
続いて展開を考えると、上に書いているようにアーモンドアイは
後ろからの直線一気ですべてを薙ぎ払っていく力があります。

となると、勝ちたい馬ほど後ろのアーモンドアイを気にして
脚を溜めたい脚を溜めたいとなります。

そんな中、淡々とレースを引っ張るのはどの馬か?

これがサヤカチャンになります。
唯一の逃げ馬です。

逃げ馬の一発、期待できる下地は整っているんですよね。

予想オッズでは単勝15番人気くらいです。
ノーマークで行けるのは間違いありません。

穴馬の鉄則、人気薄の逃げ馬、狙っていきましょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!