【宝塚記念 2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

春のグランプリ宝塚記念ですね。
土曜の天気や馬場、枠順等を勘案して組み立てます。

展開から入りましょう。

まず逃げ馬はサイモンラムセスがいくでしょう。
番手に付けたい馬は多く、内からノーブルマーズが主張するでしょうか。

馬場の内側は荒れていて走りにくいと予想されるので、
いつも以上に内枠を空けながらの道中でペースも上がりません。

向こう正面くらいから追い込み勢が動き始め、
4コーナー手前で馬群が凝縮され直線は、外に持ち出しながらの追い比べですね。

この時の距離損は大きく、阪神の坂を考えるとなるべく馬場の真ん中から突き抜けたい。

ゴチャ付く競馬に怯まない馬がまず第一。

4コーナーワープのイン突きを狙うとすれば武豊ダンビュライトでしょうか。
荒れた馬場も苦にせず行きますし、インが空けば狙ってくるでしょう。

ルメール騎乗のサトノダイヤモンドは王道競馬で4コーナー捲りから直線勝負。
状態が戻っていればそのまま力の違いで押し切る可能性も十分ありますが、成長を考えると半信半疑ですね。

やはり、ゴチャ付く真ん中をこじ開けてくる馬に勝機が訪れそうです。

戸崎騎乗のパフォーマプロミスあたりに手を出したくなります。
こっちの思い通りに乗ってくれないのが戸崎騎手ですが、G1では以前ほどの日和って下げるというのはなくなりました。

パフォーマプロミスは怖い一頭ですが、戸崎を考えると安全策で下げるだろうなと思うので押さえまで。

サトノクラウンは石橋が必要以上の先行策を取らないかどうか心配ですね。
パワーで考えるとサトノクラウンは馬群でこそのタイプなので、敢えて突っ込ませたいところですが、どうも先行4,5番手の競馬をしそうでそれが怖い。

香港のワーザーは香港のレースを見る限りでは捲りでしょう。サトノダイヤモンドと同じ進路です。

キセキが3コーナーから動き始めて、馬群のど真ん中に突っ込んでくる可能性も十分あります。
早めに動くことで馬の進路を確保するデムーロの騎乗が炸裂する予感はありますが、穴馬ではないので除外しましょう。

と、何度もシミュレーションをしましたが、馬群のすぐ外、中団から一頭の芦毛が伸びてくるイメージが付きまといます。

▲14番スマートレイアー

展開と脚質を考えるとチャンスしかない、と見ます。

その上で、血統面では過去5年毎年3着以内に来るディープ牝馬。
今年はヴィブロスと2頭の該当がありますが、どっちかは馬券になると見ます。

宝塚記念、スマートレイアーを穴軸にして攻めてみます。

以上、穴馬の考察でした!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。