【七夕賞&プロキオンステークス2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

先週のラジオNIKKEI賞、キボウノダイチが来てくれました。
福島の戸崎騎手は買い、その1点でしたが期待に応えてくれました。

今週はその福島で七夕賞と中京でプロキオンステークスです。
全国的に大雨のニュースが続いていて、明日は中京に大雨がありそうです。

馬場が読めない点はありますが、穴馬を考えていきましょう。

七夕賞

私の予想の根幹は、一つにベストレース予想。
その馬にとってベストな条件で走ったときに見せたパフォーマンスが、

今回も該当するのかどうか?をポイントに置いた予想です。
キンショーユキヒメの福島牝馬Sなどが該当しますね。

が、今回は別の予想のファクター、追い切りから穴馬を選定します。

▲12番シルクドリーマー

既に9歳、休み明け。
馬柱を見ると、長距離の方が良さそうに見えますが、
まず、夏に強いというのが挙げられます。

長期休み明けではありますが、追い切りを見る限りでは
状態はベストに近い、というかベストでしょう。

距離適性は長距離ではなく2000m以下の馬だと思っていますので、
福島2000mはピッタリの条件とも見ています。

枠も大外でレースがしやすいところ。
12頭立てですので不利でもありませんしね。

地力的には厳しいところだとは思いますが、
掲示板はおそらく問題なく入ってくると思います。

馬券圏内に関しては2割くらいかな。感覚的には。
ノーチャンスではないと見ますので、馬券に加えます。

プロキオンステークス

穴馬になる要因としては、前回人気になり盛大に負けてくれることもポイントです。
人気になる=購入者が多い、注目された中で大敗。皆、引いていく・・・。

以前、このコラムでも記載したのですが「前走1番人気4着以下」は、
基本的に穴馬として狙うべきポイントです。

今回はその応用編です。

▲12番ブラゾンドゥリス

前走は2番人気15着と大敗。
内容はハイペースを2番手から進めて最後息切れ。

舞台も東京マイルで先行勢がハイペースになっては勝てない舞台です。
そこから距離短縮の1400m戦、これだけで買い要素が増します。

前走2番人気はルメール効果もあったかもしれませんが、
騎手が武藤雅騎手に替り、これまた人気を落とす要因です。

確かに重賞で戦うにはまだ早い騎手ではありますが、
今年は既に28勝を挙げ、北村宏の下、横山典さんと同じです。

津村や吉田隼人より上の成績ですので、成長著しいところ。
そろそろ重賞で見せ場を作ってもいい頃合いでしょう。

2走前にはウインムートとタイム差なしの2着。
斤量では1kg重たかったので、机上の計算では逆転できます。

プロキオンS、ブラゾンドゥリスを穴馬に指名します。

以上、七夕賞とプロキオンSの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。