【レパードステークス&小倉記念2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

夏競馬、前半戦が終わったというのに未だ会心の的中ナシ。
なんとかこの辺で一発当てておきたいところです。
と、考えていましたが今週は両レースとも見えない。
見えない中で穴馬のみを考えていきましょう。

レパードステークス

前日オッズを見て「あらら不人気なのね」と感じた馬が

8番プロスパラスデイズ

単勝8番人気ですか。
前走中京の1000万下を圧勝したにも関わらず、
この人気。

どこかで不安要素のネタでも流れているのでしょうか。

脚質的に後方一気ですので、そこは確かに狙いにくい点です。
しかし前走の内容から異次元の決め手を持っている可能性を感じます。

ここをアタマで狙わない理由が見当たらないんですよね。
グレートタイムが本命で、それは逆らう必要はありませんが、

重賞路線からの馬では力関係が見えていますので、
明らかに逆転できる馬は不在。

となると、別路線組、つまり上がり馬となります。
レパードSは上がり馬が活躍できない重賞ですので、
そこも人気にならないポイントかもしれませんね。

しかし、古馬1000万下相手に0.4差の完勝なら、
菊花賞ではいい意味で穴人気するレベルです。

プロスパラスデイズ、敢えての1着から2着グレートタイムの馬単を
握っておく予定です。

小倉記念

荒れる小倉重賞、今年は外枠3頭が堅く決めてきそうな気配があります。
ならば、思い切って内枠の穴馬を狙いましょう。

土曜の小倉の芝1800-2000mのレースでは、
上がり最速を出した馬がいずれも2着以内に入っています。

近走内容から上がり勝負に期待できそうなのは

6番マイネルサージュ

小倉は初参戦ですが、小回り右回りの福島で好走しており
対応は可能でしょう。

毎年2着に来るハービンジャー産駒ですので、血統的にもOKです。

と、最初はマイネルサージュごり押しで行こうかと思いましたが、
いかにも過ぎて罠に見えてきている事実もあります。

マイネルサージュは押さえますが、もう一頭。

▲2番レイホーロマンス

軽ハンデが魅力ですね。
こちらもハービンジャー産駒で、平坦2000mは得意コースです。

近走こそ上がりでいい脚が使えていませんが、
基本的にはこの馬は上がり勝負に徹して好走できる馬です。

前走の七夕賞もレース内容自体は悪くなく、
追い切りを見ても状態は引き続きいいでしょう。

このタイミングで北村友一なら3着もしくは2着に持ってくるイメージはありますね。
展開的には中団内に控えて、4コーナーをインからスルスル上がって直線勝負ですね。

軽ハンデを活かして先頭に並んだところから、
粘って粘ってのしぶとい競馬を見せてくれるのではないでしょうか。

以上、レパードSと小倉記念の穴馬の考察でした!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!