【札幌記念&北九州記念2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

夏の甲子園も佳境ですね。
本日、19日(日)は休息日で、明日準決勝が行われます。

前評判の高い春の優勝校大阪桐蔭が順当に勝ち進む中、
吉田投手に注目集まる金足農業、

なんだかんだで強いチームを作ってくる日大三高、
実は私が大好きな済美、厳密には上甲監督の野球が好きでした。

そして大阪桐蔭。

非常に楽しみな準決勝です。
明日はTVの前に釘付けでしょう。

気持ちも昂る中、札幌記念・北九州記念の穴馬を考えていきましょう。

札幌記念

こちらは大穴枠の出番はどうでしょうか。
比較的堅い決着で収まりそうです。

展開を考えると逃げを打つのはマルターズアポジーかマイスタイル。

どちらかが行くでしょう。

クロコスミア・アイトーンも脚質としては逃げもアリですが、
枠や展開を考えるとこの2頭が競りかけても自滅するだけです。

無謀なトライはしないと見ます。

土曜の馬場を見ると逃げ先行がキッチリ残っています。
その上で、マルターズアポジーやマイスタイルの逃げは

4コーナー5番手以内の先行勢で馬券決着、という
前有利な流れを演出する逃げです。

この2頭、どちらが逃げても、あるいは併走しても、
結局は前で競馬をした馬が残すと見ます。
結論、この2頭の逃げ馬を穴馬に指名します。

▲1番マルターズアポジー
▲4番マイスタイル

どっちがどうというのは判断が難しいですね。
騎手の力量も変わらないですし(汗

枠もお互いいいところ。
どっちかはかなりの確率で残すと見ます。

配当的にはマルターズアポジーが前日オッズで9番人気。

・・・まあ、変わらないでしょう。
逃げ馬2頭のどちらかが、馬券に来る、という穴馬予想です。

北九州記念

展開を考えると逃げ先行有利でしょうか。
ただ、どの馬が逃げを打つのかは微妙なところ。

流れの中で、ハナに立つという逃げ馬がいて、
仕上がりの良さ、決め手の有無で好位差しができる馬が勝ち切ると見ます。

仕上がりの良さに今回は注目です。

▲8番アクティブミノル

昨年はハナを主張して0.3差の7着と着順を見れば完敗。

追い切りを見る限りでは好位差しを狙っている様子でした。
無駄に逃げずに、真ん中枠からじっくり射程圏内に捉え、

最後の直線でなんとか抜け出す。

セントウルSでの勝利からこの時期に強さを感じますし、
忘れた頃にやってくるタイプでしょうから、

今回がまさに狙い目ではないでしょうか。

ただ、勝つとなるとどうでしょうか。
55kgで多少斤量には恵まれましたが、そこは確信が持てません。

3着以内に届いてくれればOKという穴馬予想です。
以上、札幌記念・北九州記念の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!