【新潟記念・小倉2歳ステークス2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

夏の北海道開催も今週でラスト。
いよいよ秋競馬の開幕ですが、

人生における大事な格言
「終わり良ければ全てよし」

これで夏競馬を締めくくりましょう。

日曜メイン重賞は新潟記念と小倉2歳S。

新潟の方が荒れる匂いがしますが、どうでしょうか。
それぞれの穴馬をピックアップしたいと思います。

新潟記念

馬場の凸凹が目につきますね。
土曜が稍重発表で、日曜は良馬場発表でしょうか。

最終週になりますので、スピードタイプよりは
パワータイプを選択したいところです。

展開的にはマイネルの2頭が逃げ番手を形成し、
その後ろにセダブリランテス。

各馬はセダブリランテスをマークしながら
4コーナーからの長い直線でどこに持ち出すかの勝負でしょう。

時計自体はそんなに早くなく、淡々とレースが進んで
直線さあこれから、というタイミングで伸びてくる馬がいるかどうか。

案外伸びのある馬はいない気がします。
脚元が気になってまともに走れないのではないでしょうか。

本命に置くのですが、前日オッズでは殿人気になっていた

◎7番マイネルミラノ

ここから入ります。

マイネルハニーに行かせて番手か、こっちが逃げるかは分かりませんが、
どちらにせよ、内枠5頭分くらいを空けて馬場のいいところをマイペースでいきます。

最後も馬場の真ん中から外目を行くわけですが、
伸び脚は他馬と同じで行けると見ています。

終始1馬身リードを保ったままゴールに向かう、というイメージですね。

追い切りを見ると久々に状態の良さを感じます。
斤量も56kgなら十分に勝負になるでしょう。

ここ2走が不本意ではありましたが、
AJCCで3着ならこのメンバーの中では十分な実績を2018年に出しています。

ステイゴールド産駒らしく、ノーマークの時こその激走。
今回はこのパターンではないでしょうか。

小倉2歳ステークス

前日オッズを見ると、シングルアップが意外と人気になっていません。
なにか、マイナス情報でもあるのでしょうか。

能力的にはダントツだと思いますが、人気を集めてくれないお蔭で
穴馬にオッズが付かないという残念な状況になっています。

穴馬にはいくつか法則があるかと思います。
法則と言っても当然「マイルール」ですので、

皆さんに強要できるものではありませんが、
共感して頂けるものかもしれません。

ズバリ

連闘は無条件で買い

ここですね。

▲7番カシノティーダ

前日オッズで単勝万馬券。
そこまで過小評価される必要はありますかね?

叩き良化型が3走目で結果を出して、続けて4戦目に挑む。
レース内容もレースを追うごとに良くなっており、

競馬を分かってきた、というのが前走ひまわり賞でした。

今はレースも調教も馬に競馬を教える時期です。

レースを使いながら勝ち方を覚えていく

これも2歳3歳春までは穴馬に繋がる法則ですね。

前走で勝ち方を覚えて、間を置かずの今回。
時計も1秒近く縮めてくると見ています。

展開や枠、馬場の影響を全く考慮せずに
シンプルに馬の完成度だけで十分にチャンスはあるでしょう。
以上新潟記念と小倉2歳ステークスの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!