【神戸新聞杯&オールカマー2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

先週はこのコラムで穴馬指名した
ローズSでラチュロスが3着に入線。

馬券の的中とはなりませんでしたが、やっと見えてきたかなと感じます。
今週もしっかり穴馬を見極めていきましょう。

神戸新聞杯

ここは春のレース内容からイメージにピッタリの馬がいましたので、
特に迷うことなく買おうと思っていたら、前日オッズは8番人気28倍。

神戸新聞杯は8番人気までは買えるレースですので、
ギリギリを攻める形となりましたが、私としては心外です。

もう少しやれていい。
素直に思います。
▲9番アドマイヤアルバ

この馬の良さは直線での伸びやかさです。
阪神外回り、上がり3F34.0くらいの時計のレースでは
余裕で突っ込んでくるだけの足を持っています。

ましてや、人気を背負う3頭の内、2頭は間違いなく先行。
そこにラジオNIKKEI賞勝ち馬のメイショウテッコンが絡むのですから、
ペースは平均とはいえ、厳しい流れになることは間違いありません。

トライアルだからといって、油断をするような現代競馬ではありません。
仕上がり一息の中で、レースそのものは真剣勝負です。

ラスト800mで長くいい脚を使い、その中でもキレを出せるアドマイヤアルバなら、
強力なメンバー相手にも十分届く計算が成り立ちます。

京都新聞杯2着だけでは菊花賞への出走はボーダーライン。
権利が欲しい馬の中で、展開と脚質がピッタリなのはアドマイヤアルバです。

オールカマー

新潟記念では大穴枠として紹介したショウナンバッハ。
引き続き狙ってもいいと考えています。

基本的には前でやり合う流れのメンバーです。
中山2200mというロングスパート合戦の中、
一頭死んだふりからの直線一気でどこまで迫れるか?

チャンスはあると思います。

しかし、今回もショウナンバッハは大穴枠。

穴枠としてより確率の高いところでは

▲11番エアアンセム

前走函館記念を評価します。
シンプルに「強い」という評価ですね。

もちろん、ハンデに恵まれたとか
そのような点は否定しません。

しかし、ハンデ戦は0.0差の中に5頭くらい入ってこそのハンデ戦です。
2着馬とは余裕のある半馬身差の勝利。
地力強化での勝ち方であったと考えます。

さらに田辺騎手といえば中穴馬で好走する騎手です。
おあつらえ向きな15倍程度の人気。

外枠有利な傾向の出ているレースで外枠。
ノーマークで進める道中などを考えると、
覚醒したと見ているエアアンセムなら、G1馬でさえ飲み込むのではないでしょうか。
エアアンセム、1着もしくは2着の馬連穴馬としてピックアップしておきます。
以上、神戸新聞杯とオールカマーの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!