【毎日王冠2018】秋のビッグレースに向かう有力馬が激突!

sasukeroman

毎日王冠のロマン溢れる馬券と、その狙い馬を紹介します!

どーも皆様!咲助の一刀両断ロマン!のコーナーを務めます咲助です!

毎日王冠は秋の中長距離G1、あるいはマイルG1に向けた重要な前哨戦だ!

実績馬が秋の始動戦として出走するケースが多く、

夏の中距離路線で活躍した馬も出走してくることで、

例年目が離せない一戦となっています!

今年も良いメンツが揃っているので気合は充分!

ガッツリ当ててみてます!それでは早速本題に行きましょう!

 

 

さて!本日は毎日王冠の予想をして行きます!

 

毎日王冠について!

G1実績を持つ好メンバーが毎年のように集まるため、名勝負や話題の一戦には事欠かないレース!

なかでも、オグリキャップとイナリワンによる壮絶な叩き合いとなり、

オグリがハナ差勝利した1989年の第40回は、

日本競馬史上最高のレースのひとつに数えられる歴史的一戦として後世に語り継がれている!

第49回(1998年)は断然人気のサイレンススズカが、エルコンドルパサー、グラスワンダーという

4歳(現3歳)2強を寄せ付けず圧勝劇を演じました!

ほか、第50回(1999年)のグラスワンダー、第57回(2006年)のダイワメジャー、

第64回(2013年)のエイシンフラッシュなど、G1勝ち馬の勝利多数!!

 

コースについて!

1950年創設で秋の天皇賞が距離短縮された1984年からは1800mで行われているG2レース!

有力馬がここをステップに秋のG1シリーズへ向かうこともあり、

出走メンバーのレベルは高くなりがち!

特に逃げ切って5連勝中のサイレンススズカに、

無敗の3歳馬エルコンドルパサーとグラスワンダーの2頭がぶつかった1998年は

“史上最高のG2”として語り継がれている!

舞台の東京芝1800mは2コーナー寄りのポケットからスタートし、

緩やかに向正面に入ると3コーナーまでは約750m!

“府中の千八展開要らず”の格言があるように、

比較的展開や枠順に左右されにくいです!

 

 

人気に関して!

2007年ダイワメジャー(3着)、2008、2009年のウオッカ(2着)、2017年ソウルスターリング(8着)のように

2倍以下の馬が取りこぼすこともある!

またG1優勝馬や2011年ダークシャドウ、2015年エイシンヒカリ、2016年ルージュバックと、

前走エプソムC1着で人気になっている馬は信用していいけど、

押し出されて人気になったようなタイプには注意が必要!

2014年には安田記念5着以来となったワールドエースが

1番人気に支持されるも13着に敗れ、人気薄の台頭で3連単38万馬券となりました!

 

 

それでは出走予定馬を見てみましょう!

 

アエロリット/牝4/菊沢厩舎・美浦
カツジ/牡3/池添兼厩舎・栗東
キセキ/牡4/中竹厩舎・栗東
ケイアイノーテック/牡3/平田厩舎・栗東
サウンズオブアース/牡7/藤岡健厩舎・栗東
サトノアーサー/牡4/池江寿厩舎・栗東
サンマルティン/セン6/国枝厩舎・美浦
スズカデヴィアス/牡7/橋田厩舎・栗東
ステルヴィオ/牡3/木村厩舎・美浦
ダイワキャグニー/牡4/菊沢厩舎・美浦
ハクサンルドルフ/牡5/西園厩舎・栗東
マルターズアポジー/牡6/堀井厩舎・美浦

 

アエロリットはヴィクトリアマイル4着、安田記念2着と春のGIで存在感を見せてくれたね!

特に安田記念では歴戦の古馬相手に堂々の2着!

タイムも1分31秒台と申し分のない内容!

ここまでの成績を見てもNHKマイルC勝ちもある東京コースはベストの舞台!

東京コースでは大崩れもないのでここでもいい走りを見せてくれるだろうね!

恐らくマイルがベストなんだけど1,800mはクイーンS勝ちもあるので守備範囲!

開幕週は先行有利だしこの馬の持ち味が十二分に発揮できる舞台だね!

そして陣営からは毎日王冠ではJ・モレイラ騎手との新コンビで臨むことが発表されたね!

リスグラシューに続き、アエロリットにもモレイラ騎手!

今年は秋も短期免許で騎乗し毎年夏の札幌開催で大暴れしているから期待だね!

先週の中山でも大活躍だっただけに、初の東京開催でどのような騎乗を見せてくれるのかも注目を集めそう!

ケイアイノーテックはNHKマイルCでG1制覇!

初重賞勝利がG1という結果!

前走の走りから陣営は東京コースで行われるこのレースを復帰戦として選択!

今回は1ハロンの距離延長がカギとなりそ!

古馬とはここが初対戦で秋のG1へ向けて絶好の力試しの場となりそう!

NHKマイルカップが6番人気での勝利だっただけに前走の競馬がフロックではなかった事をここで証明したいところ!

キセキは昨年の菊花賞を勝った後、3戦はいいところなく惨敗続き・・・!

前走の宝塚記念でも8着と見せ場がなかったよね・・・!

昨年、歴史的な不良馬場となった菊花賞で激走した見えない反動が今も残っている可能性もあるよね!

今秋は改めて出直しとなるシーズン!

当初は京都大賞典で復帰という話もあったけど、

最終的には毎日王冠から始動すると発表があったね!

道悪の菊花賞を勝っているし新潟の高速馬場でも結果を出していて

時計勝負になっても対応できる馬!

東京では一度だけ走って5着、デビュー2戦目の本格化前の話だけど!

その後、新潟で結果を出しているので直線の長い東京でも今なら問題はなさそう!

高速決着も歓迎で復活があってもおかしくない舞台だね!

騎乗予定だったデムーロ騎手が騎乗停止となり、鞍上は川田騎手に変更!

すみれS3着以来のコンビとなるね!

あとは馬の調子がどこまで戻っているか。

なかなか買いずらい馬だけど毎日王冠でどこまでやれるか今後を占う一戦になりそう!

ダイワキャグニーは全5勝がすべて東京コース!

まさに東京専用と言っても良い戦績をここまで残しているね!

前走のエプソムカップでは14着に大敗たけど敗因は恐らく重馬場!

開幕週の絶好の馬場で行われる毎日王冠では前走のようなことはないだろうね!

3歳で出走した昨年のこのレースでも4着に好走しており、

今年は昨年以上の走りが十分期待できそう!

そこまで強敵のいない今年の毎日王冠は重賞初制覇の絶好のチャンス!

ステファノスは今年は毎日王冠から始動!

昨年はオールカマーで始動したものの、天皇賞秋では10着。

今年は15年、16年と天皇賞秋で好走した時と同じローテで本番を目指すようだね!

この馬にとって唯一国内G1獲りのチャンスと言えそうな天皇賞秋!

年齢的にも今年が最後のチャンスになるだろうから陣営の意気込みも相当なものだろうね!

過去2度毎日王冠では結果が出ていないし、あくまで本番は次の天皇賞秋!

あまり積極的に狙える馬ではないけど、どんな走りをみせてくるのかな!

サトノアーサーはエプソムCで待望の重賞初制覇!

早くから期待されていた馬がようやく結果を出した形!

前走は苦手と思われていた重馬場を克服しての勝利!

それだけ馬が充実してきたという証拠だね!

いろいろな距離を使われてきたけど

このところの走りを見る限りでは1600-2000くらいがこの馬には合っていそう!

エプソムCと同じ舞台である毎日王冠はぴったりのレースでしょ!

開幕週の馬場で前残りになる不安もあるけど、前走では前目の位置取りで競馬ができたのは収穫!

相手が一気に強化されるここでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみ!

 

 

それでは気になる馬をピックアップ!

 

ダイワキャグニー

前走のエプソムカップは14着だったけど、

「道悪が良くなかった」と菊沢調教師も敗因を指摘しているように、

力負けとは言い切れないと思うんです・・・。

もともと全5勝を東京で、うち3勝を1800mであげている舞台巧者!

3歳で挑んだ昨年のこのレースでも小差の4着でしたね!

今後に向けて賞金を加算したい一戦!

まさに相性抜群のこの舞台でガッツリ来る事を期待したい!

馬券的にも美味しくなってくれればこの上ないけど!

それはどうなるかはさておきここで勝っておきたいの事実だから

どうなるかこれからも目が離せないのは確実だ!

 

今日はここまで!

 

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!