【秋華賞2018】秋の3歳牝馬の頂上決戦!

sasukeroman

秋華賞のロマン溢れる馬券と、その狙い馬を紹介します!

どーも皆様!咲助の一刀両断ロマン!のコーナーを務めます咲助です!

秋華賞は下位人気馬の台頭が多い上、ここ2年は単勝1番人気馬が10着、7着と苦戦しています!

また、春のG1戦線で活躍した馬の好走が目立つ一方で、

夏から秋にかけ力を付けてきた馬も好結果を残しています!

今年も例年と同じように、出走各馬の力関係の把握が難しい一戦となりそうですね!

それでは早速本題に入りましょう!

 

 

さて!出走予定馬を見てみましょう!

 

秋華賞 2018 [1週前出走予定馬]

【出走可能】

  • アーモンドアイ 55.0 C・ルメール

    オールフォーラヴ 55.0 幸

    カンタービレ 55.0 武豊

    サヤカチャン 55.0 高倉稜

    サラキア 55.0 池添

    スカーレットカラー 55.0 岩田

    トーセンブレス 55.0 藤岡佑

    パイオニアバイオ 55.0 柴田善

    ハーレムライン 55.0 大野

    プリモシーン 55.0 北村宏

    ミッキーチャーム 55.0 川田

    ラッキーライラック 55.0 北村友

    ラテュロス 55.0 秋山真

    ランドネ 55.0 戸崎

     

     

    【抽選対象(4/8)】

    ウラヌスチャーム 55.0 和田

    オスカールビー 55.0 川須栄

    カレンシリエージョ 55.0 松山弘

    ゴージャスランチ 55.0 横山典

    サトノガーネット 55.0

    サラス 55.0 松若

    ダンサール 55.0 M・デムーロ

    リュヌルージュ 55.0

     

春の2冠を圧倒的なパフォーマンスで制したアーモンドアイ!

今年の秋華賞は3冠のかかる舞台となります!

注目されたローテーションですがトライアルは使わず、本番に直行することが発表されました!

3冠のかかる立場でトライアルを使わないローテは異例だけど、それだけ陣営も自信があるんじゃないですかね!

それに桜花賞もトライアルを使わずにレースでは圧勝しているだけに

間隔が空いたほうが走るタイプとも言え、ローテはあまり関係ないのかもしれません!

内回りと外回りの違いはあれど京都コースはシンザン記念を快勝している舞台!

距離の2,000mもまったく問題なしでしょう!

唯一不安があるとすれば京都の内回りコースだけど、

オークスでは好位から競馬ができておりさほど気になることもないのかもしれないです!

ライバルたちのリタイアもあり、普通にこの馬のレースをすれば3冠馬誕生のシーンが見られそうですね!

 

距離延長による逆転も期待されたオークスでは3着に終わったラッキーライラック!

距離が延びていいタイプと見られていただけに案外な結果に終わりました!

ただ、オークスでは距離も考慮してかやや消極的な騎乗だったことも確か。

あの敗戦を踏まえて秋はより積極的な競馬が期待されます!

秋華賞の舞台、京都内回り2,000mはこの馬にとってはベストと言えるでしょう!

持ち前の先行力を生かした競馬でアーモンドアイにどこまで肉薄できるかが鍵です!

ただ、右後肢の球節部に腫れが出た影響で予定していたローズSを回避・・・!

ぶっつけで本番に向かうことになったことは誤算!

桜花賞で黒星を喫して以来何かこの馬に流れが来ていない点は気になるところです!

 

 

ローズS、今年このステップレースを制したのがカンタービレ!

先行策から直線楽々抜け出し後続に1,1/4馬身差をつける完勝!

これで重賞はフラワーCに続き2勝目!

1,800mは3戦3勝!

ローズSの内容を見る限り、あと200m距離が延びる秋華賞でも距離は持ちそうです!

先行できるので京都内回りもこなせるハズです!

ルメール騎手が秋華賞ではアーモンドアイに騎乗するため空白になっていた鞍上も武豊騎手に決定!

マウレアの回避で武豊騎手が空いたために騎乗が実現!

経験豊富な武豊騎手なら京都2,000mもそつなく騎乗してくるはずです!

あとはローズSを人気薄で勝った馬の本番での成績がイマイチなのと、

そのまま尻すぼみになることが多いだけにその嫌なジンクスを払拭することができるかです!

 

秋華賞について!

 

牝馬三冠の最終戦!

これまでにスティルインラブ(第8回)、アパパネ(第15回)、ジェンティルドンナ(第17回)の3頭が、

2着馬との接戦を制し三冠牝馬に輝いています!

第7回は、4戦4勝の無敗馬ファインモーションが、持ったままで2着馬を3馬身半ちぎる大楽勝!

史上最強牝馬の誕生を予感させました!

一方、気まぐれな3歳牝馬同士の戦いなだけに「荒れるG1」としても名高いです!

記念すべき第1回は、圧倒的な1番人気を背負ったオークス馬・エアグルーヴが馬群に沈み、

5カ月の休み明けだったファビラスラフインが勝って馬連万馬券の決着!

第13回はダート馬と見られていた16番人気プロヴィナージュが3着に逃げ粘り、

3連単1,098万2,020円の大波乱を演出!

京都競馬場を静まり返らせました!

 

1995年まで牝馬三冠の最終戦として行われていたエリザベス女王杯が、

1996年から古馬に開放されたことに伴い、

エリザベス女王杯に代わる新たな3歳(旧4歳)牝馬限定G1として新設されました!

第1回から外国産馬の出走が可能!

桜花賞、オークスが外国産馬に開放されるまで、外国産馬が牝馬の三冠レースに挑戦できる唯一の競走だったのです!

3歳(旧4歳)牝馬限定戦のラストでもあり、上位馬たちはここからエリザベス女王杯、

マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップ、有馬記念などで古馬や牡馬の強敵に挑むことになります!

 

コースについて!

 

スタート地点は、メインスタンドの目の前!

スタートして間もなくゴール板を過ぎ、1コーナーにさしかかる!

1コーナーまでの距離は約300m(Aコース時)!

1~2コーナーは平坦でバックストレッチの距離は約400m!

ここで高低差3.1mの坂を上り、3~4コーナーにかけて下る!

最後の直線は平坦で、Aコース時が328m、B、C、Dコース時が323m!

最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い!

重賞は秋華賞が行われる舞台!

同レースの水準ラップでは前後半の3ハロンがほぼイーブン!

全体的によどみがない流れになりやすいけど、これは同レース特有の流れ!

下級条件ではスローペースになることが多い!

中盤の4ハロンもゆったりと流れ、上がりの3ハロンが速くなる!

ただし、最後の直線は長くないので、悠然と構えてはいられない!

4コーナーより手前から仕掛けることになる!

小回りの競馬場にも対応できる器用さが求められるのです!

 

 

【有利な脚質と枠順】

CコースとDコース時の方が逃げ・先行馬が非常に優勢!

Aコース・Bコース時の方が差し、あるいはまくりが決まっている!

枠順は1コーナーが近いため内枠が有利!

特にフルゲートだと外枠はロスが大きくなってしまう!

ただし、内枠でもスタートが決まらないと、馬群に包まれ、動けなくなるので注意したいです!

 

 

それでは気になる馬をピックアップ!

プリモシーン

 

10日、北村宏を背に美浦Wの向正面から、

先行するレッドエレノア(4歳500万下)、アーチキング(5歳1000万下)を前に見る形でスタート!

馬なりで僚馬2頭に取り付くと、直線でも楽な手応えのままきっちり併入した!

記録上は単走扱いで4F52秒2-36秒7-11秒8。

鞍上は「いい状態で臨めそう。夏と比べて体幹がしっかりして、パワーアップしている」とコメント!

スタンドからも見応え十分だったけど、手綱の手応えも相当に良かったようです!

木村師も「春にはなかなか点数を取れなかったのが、取れるようになってきた」と

独特の言い回しで成長ぶりを表現しました!

これは期待出来ますね!

 

今日はここまでです!

 

 

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!