【菊花賞2018】穴馬の考察|富士ステークスも!

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。
先週秋華賞では2頭の穴馬をピックアップするも
残念ながら馬券に絡めず。

本命視したミッキーチャーム、
3番手評価のカンタービレが馬券に来ているので
見ているポイントは間違っていなかったと思いますが、
アーモンドアイが強すぎでした。

今週菊花賞は混戦ムード。
二桁人気の馬が2着3着に来るレースですので、
狙い撃ちしていきたいですね。
いくつかのファクターからそれぞれピックアップしようと思いましたが、
穴馬筆頭はここです。
▲18番グローリーヴェイズ

大外が嫌われて人気を落としています。
実績は古馬混合の1600万下を勝利しており、
世代限定の重賞よりはハイレベルなレースを完勝しています。

実績はあるのに軽視されている穴馬

この観点から筆頭はグローリヴェイズでしょう。
菊花賞は1000万下を勝つレベルにあれば
いい勝負になりやすいです。

1600万下を勝っているなら素直に評価したいです。

その上、

追い切りからもこの馬の仕上がりの良さが目立ちます。

その他追い切りで目についたのは
ブラストワンピース
ジェネラーレウーノ
エポカドーロ
この人気サイドの3頭です。

追い切りからも穴馬としてピックアップします。
もう一つ、枠の有利不利をみると今年のダービーを思い出しましょう。

1枠有利と言われるダービーで8枠17番からワグネリアンは勝利しました。
その時のジョッキーは福永騎手です。

今年、福永騎手に流れが向いているとすれば
この大外はむしろ吉兆。

菊花賞をエピファネイアで制した経験のある福永騎手なら
大外でもそれなりの競馬を見せてくれるのではないでしょうか。
以上、菊花賞の穴馬の考察でした。
少し短めとなりましたので富士Sも簡単に触れておきます。

◎4番ウインブライト

追い切りを見る限りでは仕上がりは抜群です。
ただ、芦毛は追い切りの評価が難しいのが私の持論の上、

ステイゴールド産駒の追い切りはアテにならない、
これも私の持論です。

あまりにも人気にならなさ過ぎないめーじですが、
58kgが嫌われているのか?
中山巧者のイメージで東京では用無しと思われているのか。

東京で勝った経験もありますし、
既に重賞を3勝している4歳馬がG3で二桁人気は

ちょっとあり得ないシチュエーションでしょう。

単勝35倍くらい付きそうなので、
もちろん単勝も勝負です。

2着になった場合を考えて馬連も買いますが
ほぼ馬連万馬券になるでしょう。

狙い撃っていきたい本命馬です。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!