【天皇賞秋2018】穴馬の考察|単穴にキセキ!紐には実績重視のステファノスを!!

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

先週の菊花賞ではグローリーヴェイズ(5着)と
もう少しでしたね。

レース内容には納得できていますので、
3着には入れなかったのは残念ですが、
穴馬のピックアップには自信を持っていきましょう。

前日最終オッズを先に見ておきましょう。

1 スワーヴリチャード 3.1 牡4 58.0 M.デムーロ
2 レイデオロ 3.5 牡4 58.0 C.ルメール
3 マカヒキ 5.2 牡5 58.0 武豊
4 サングレーザー 8.0 牡4 58.0 J.モレイラ
5 キセキ 12.8 牡4 58.0 川田将雅
6 アルアイン 14.4 牡4 58.0 北村友一
7 ヴィブロス 15.5 牝5 56.0 福永祐一
8 ミッキーロケット 16.6 牡5 58.0 和田竜二
9 ステファノス 52.0 牡7 58.0 C.オドノヒュー
10 ダンビュライト 56.9 牡4 58.0 戸崎圭太
11 サクラアンプルール 79.8 牡7 58.0 田辺裕信
12 ブラックムーン 114.6 牡6 58.0 横山典弘
13 アクションスター 232.3 牡8 58.0 大野拓弥

8番人気ミッキーロケットまでが馬券の対象として買われていますね。
ステファノス以下は単勝50倍以上と大穴サイドとなっています。

さすがにこのメンバーで単勝50倍以上の馬を単勝で買う勇気はありませんが、
単勝10倍台のゾーンなら狙ってみたいところがありますね。

展開から穴馬を考察しましょう。

確たる逃げ馬は不在です。
2番手からの競馬を狙うのはステファノス・アルアイン・キセキの3頭でしょう。

ハナに立つのはおそらくキセキ。
川田が勝ちにいく競馬をするなら、キセキは逃げるべきです。

10番ゲートですので、スタートから出していけば
2コーナーのところでは一歩前に出ているでしょう。

あとは菊花賞を制したスタミナを信じて
強気の逃げを打つ一手です。

玉砕覚悟のようにみえて、絶妙なペース配分ができるのが
川田の強みです。

前走毎日王冠で多少復調の気配を見せたので
勝負に行けば勝ち負けで面白いレースとなりそうです。

▲10番キセキ

ルメール・デムーロがお互いけん制し合うと
川田の奇襲がドハマりする可能性から単穴に指名します。

紐穴も考えておきます。

ここは素直に過去に実績のある

☆1番ステファノス

ここが筆頭でしょう。

ワイドの売れ筋を見ると案外と売れていません。
皆さん終わった馬という評価だと考えられます。

前走毎日王冠が安定の4着なら
天皇賞で巻き返すのはお約束みたいなものです。

昨年は極悪不良馬場に泣かされましたが、
良馬場でレースができればこの馬の適性は侮れません。

以上、天皇賞秋の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!