【JBCシリーズ2018】穴馬の考察|単勝50倍を狙う!さらに単勝200倍も狙う!!

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

本日はJBCシリーズですね。
競馬の祭典、といえるほどには盛り上がってはいませんが、
こういうのが定着してくると競馬ファンの拡大に繋がるのではないでしょうか。

さて、本日はJBCの3レースとアルゼンチン共和国杯の穴馬を考えましょう。
各レースで狙いたい馬をピックアップしていきます。

アルゼンチン共和国杯

メンバー的に堅い決着が見込めそうなレースです。
あまり波乱を期待してはいけないと感じますが、
唯一馬券に加えておきたい馬がいます。

穴馬の定石、単騎逃げですね。

12番ヴォージュ

目黒記念で逃げて沈みました。
ウインテンダネスが勝利しましたが、目黒記念では5番手からの競馬。

今回は頭数も目黒記念より少なくなり、ウインテンダネスが控えると考えると
比較的容易な単騎逃げが可能です。

大外からはあまり有利とは言えませんが、
各馬が控えるような展開が見込めるので、

馬券の端っこに加えておきたい穴馬です。

JBCスプリント

京都ダート1200mは内枠逃げ先行、もしくは外枠差し。
この枠を狙うのがセオリーです。

3コーナーで坂の頂上となるので、そこまでに
余裕を持って好位を取るか、

下り坂を利用して3コーナーから加速していくか。

後者を選択するのは

15番テーオーヘリオス

浜中騎手はすっかり買えない騎手となりましたが、
これくらい人気薄なら馬の力を活かす競馬をすれば

3着に飛び込んでくるイメージは湧きます。

となりにモーニンがいるので、モーニンとの兼ね合いもありますが、
チャンスはあるでしょう。

JBCクラシック

いつものメンバーが揃ったレースですね。
この中に割って入るのはどの馬か?

1番センチュリオンや意外と人気していない
7番サウンドトゥルーなどは押さえておきたいところですが、

ここは大穴狙いでいきましょう。

2番タガノゴールド

昨年5月の上賀茂ステークス(1600万下)を0.8差で圧勝。
京都ダートは2勝と好相性です。

今年の交流重賞を振り返ると、園田の馬の活躍が目立ちます。
この流れが続くとすれば、一発穴を開けてもいいと思いますし、

現在園田で連勝しているように馬の状態はいいです。

枠はベストな1枠2番を得ましたので、
現状の力を出し切れば、中央勢のミスも必要ですが
ワンチャンス馬券に絡むだけの力はあるとみます。

掲示板が目標だと思いますので、
最後は運が味方するかどうか。

単勝200倍の馬が3着以内に入れば御の字でしょう。

JBCレディスクラシック

ここは単勝50倍がナンデ?の

9番サルサディオーネ

でいいでしょう。

新潟だけでしょ、というのが理由と考えますが、
牡馬混合であれだけのレースができるなら、

京都でも十分走れると見ます。

個人の主観としては安田記念当日の最終レース、
三浦特別を勝つ馬は、ダートの出世街道に乗るという法則があります。

以上、本日のメイン4レースの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!